CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"UTA"「キツかっただけでなく、キツくても笑顔で終われるプログラムを」

MONSTERS | 2019.11.26
b-monster uta

爽やかな笑顔とともにエネルギーをみなぎらせ、池袋スタジオで弟のように愛されるパフォーマーUTA。彼の明るさ、力の源はどこにあるのか。その背景から現在思うところまでを存分に聞いた。

筋トレに夢中だった

b-monster uta

出身は熊本県です。スポーツは中学から高校までサッカー、陸上の槍投げ、ボクシングをやっていました。どれも一所懸命に励んでいたんですが、競技以上に夢中になったのが筋トレ。最初は当時付き合ってる彼女を守りたくて、しっかり体を鍛え出したのがきっかけなんですけど、段々、筋肉が育っていくのが楽しくなって。気づいたら授業前や放課後に部室や体育館でベンチプレスやダンベルばかりやってました。夏はプールの時間が待ち遠しかったです(笑)。

ハードな研修が現在の礎

b-monster uta

高校卒業後は、地方公務員として防衛省の事務職に就いたんですけど、合わずに数ヶ月で退職(自衛隊にも誘われたけど、断りました)。大好きな筋トレやフィットネスを仕事にしようと考え、上京してところ、目に止まったのがb-monsterの広告です。ヴィジュアルや動画のカッコよさに惹かれたのと、またボクシング経験もあったので応募し、採用をいただきました。

研修はとにかくキツかったです。プログラムも受けてみたら、どれもすごくハードだし。体力には自信があったんですけど、不安になりました。特にA.lyssaさんの筋力トレーニングは毎回、死にそうでしたね(笑)。またパンチフォームはよかったんですけど、カウントをとるのが最初なかなかできなくて。よく注意されました。今にして思えば、ものすごく充実していましたし、本当に感謝しかないですよね。

デビューは今年3月、池袋スタジオです。当時いたのはAOさん、NALUさん、RIERUさん、Kさん、YUMIさん、ALANさん、Cathyさん、CALAさん、GAIさん。その後、SAORIさんがこられて。人気パフォーマーばかりでしたけど、アットホームな雰囲気。一番年下ということもあって、弟みたいに接してもらいました。最初のプログラムはさすがに緊張しましたけど、自分の中でスイッチが入って、滞りなく終えました。それまでの不安が消え、自分はやっていけるかなって、自信になりましたね。

憧れるのはパフォーマーAO

b-monster uta

vol.1は全身を鍛えるベーシックなプログラムです。ただサーキットではバービージャンプとニーアップを組み合わせたり、サンドバッグパートでパンチにステップやスイッチなどを混ぜたコンビネーションを入れるなど単調にならない工夫をしてあります。初心者から何年も受けていただいてるメンバー様まで広く楽しんでいただけると思います。

12月から担当するイベントプログラムをROCK(Q)は、サーキットからサンドバッグパートまで、より手数を増やした攻略型プログラムです。最初は少し迷子になるかもしれませんが、何度かチャレンジして、できたときの達成感を味わっていただきたいです。ちなみに強度も少し上げてあります。

プログラムでは大事にしているのは何より「楽しさ」ですね。なので自分でも歌ったり、ハンズアップを煽ったり、曲と一緒にキューイングの声のトーンを変えて雰囲気を変えたり。キツいプログラムがただキツかっただけでなく、キツくても笑顔で終わっていただけるよう心がけています。

じつは僕には、パフォーマーとして大きな影響を受けた先輩がいて。それはAOさんなんです。その立ち振る舞いからキューイングまですべてがパワフルで、存在感が圧倒的。特に〝煽り〟が最高にカッコいいです! プログラム終了後はメンバー様全員、充実した笑顔を浮かべているし、自分もあんな風に最初から最後までスタジオを盛り上げられたらなあといつも憧れています。そのためにも自分のプログラムを常に見つめ直して、少しでも近づきたいですね。

ちなみにサーキットで個人的に好きなのはプッシュアップ。昔から一番お気に入りの筋トレで、メンバー様の横でやる時はスピードを早めています。その時は「さぁ、まだまだこれから! 最後まで一緒に頑張りましょう!」と、とりわけ気持ちが入ります。

理想は自然の中での休日

b-monster uta

休日は、映画を観たり、筋トレをしたり(笑)。筋トレはジムに通うのではなく、自重トレを自分のペースでひたすらやっています。人混みが苦手なので、家でゆっくりすごすことが多いんですが、お酒が好きなので、飲みに出かけたりもします。 

田舎生まれなので、本当は釣りとか川遊びとかしたいんですけどね。あとバイクに乗って自然のあるところまでツーリングとか。都会で暮らしているとなかなか気軽にできないので、そこはちょっとだけ悩みです。

楽しんで鍛えられるのがb-monsterの魅力

b-monster uta

b-monsterの魅力は何といっても楽しんで体を鍛えられること。最高だと思いますよ。ひとりで黙々とやる筋トレもいいけど、笑顔だと力が出るし、量だってできる。みんなと一緒に盛り上がりながら自分の限界を超え、是非とも理想の体を手に入れてもらえたら。

あとストレスがなくなって明るくなくなりますよね。僕自身、昔からのある友達と会うと、最近ずいぶん変わったとよく言われます。お酒を飲みにいっても、自分から盛り上げたりするようになったし。きっとb-monsterのプログラムを通し、楽しい音楽を聞き、体を存分に動かし、常に達成感を味わっているからでしょうね。これからもメンバー様と一緒に最高の笑顔でいたいですね。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Tomoki Ohno
音楽制作会社、カルチャー誌での勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに転職。現在は雑誌やウェブサイトなどで、音楽をはじめエンタメ、スポーツ、飲食などの記事を執筆。b-monsterは、約2年にわたって週3~4日ほど通っている。

phoho by Toshimasa Takeda
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26