CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」

MONSTERS | 2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。

ダンスに親しんだ幼少期

b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

母親の影響で3歳からダンスを習っていました。「JAZZ」「GIRLS HIPHOP」などをいろいろと踊っていて、Breakin'(ブレイキン)もできたんですよ。

b-monsterには2017年4月に入社しました。よく「25〜26歳だと思ってた」って言われるんですけど(笑)、まだ20歳です。

入社のきっかけは、「プログラムを受けて衝撃が走った」みたいなパフォーマーが多いなか、わたしはプログラムを受けたことも、b-monsterについて調べたこともなかったんです。

高校を卒業したあと、進学せずに働きたいと思って、アパレルの求人サイトを見ていたら、たまたまb-monsterの求人がパッと目についたんです。「服屋・ジム・服屋」みたいな感じって目立つじゃないですか。

それで気になってb-monsterのウェブサイトを開いてみたら、ずっとダンスをやっていて、音楽が大好きな自分に良さそうだと思って応募しました。

実は最初はフロント志望だったんですけど、面接で「パフォーマーのほうが向いてるんじゃない?」って言われてパフォーマーになりました。逆によく知らなかった分、「教える側かぁ・・・はい」くらいの感じで抵抗はなかったですね。

デビュー当時の葛藤と転機

b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

研修中はひたすら体力づくりで、毎日筋肉痛でした。何回もくじけてたんですけど、同期のSHINやSMITH、AYAKAのレベルが高かったので、「一緒について行こう」って頑張っているうちに、あっという間に時間が過ぎました。

実際にやってみて、人前に出ることに抵抗はないし、リズムも取れるし、音楽も好きだったんですけど、唯一キューイング(指示出し)だけは苦手でした。

性格的にパリピ系じゃないので、大きな声を出したり、「Are You Ready!?」って言えないタイプというか(笑)、最初はすごく抵抗があったし、デビューしてからも悩みました。

デビュー当時の恵比寿スタジオにはMUSICAさん、MARI、NANA、SATSUKI、LEON、Kもいて、人気パフォーマーが勢揃いでした。最初は「みんなみたいに煽って、盛り上げなきゃいけない」と思っていたんですけど、どうもしっくりこなくって。

そんなときに、MARIのプログラムをはじめて受けて、「こういうクールな感じもあるんだ」「なりたい形を見つけた!」と思って、自分の方向性を決めました。

そこから「パフォーマーのRIERU」の雰囲気をつくりたくて、もとは高い声を低くしてみたり。いまでは地声も低くなってしまったので、キューイングもすこしはサマになってきたかなと思います。

大好きなK-POPで楽しく痩せる

b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

わたしはBIGBANGの曲を聴いてK-POPが好きになって、韓国も大好きになりました。研修中にもよく曲を流していたので、「じゃあお願い」と言われて、K-POPとK-POP3のプログラムを持たせてもらっています。

K-POPは基本動作が中心のプログラムです。サーキットはタッチダウンやスクワットなどの下半身がメインになります。かなりシンプルな構成になっているので、トライアルや初心者の方でも楽しめると思います。

K-POP3はコンビネーションを増やして、音ハメ重視でつくりました。サーキットは下半身に加えて、腹筋系を取り入れています。スパイダーやツイストのような身体を引き締める動きが多く、部分痩せが期待できるので、とくに女性の方に来てほしいです。

今後はK-POP以外のジャンルにも挑戦したくて、vol.1の選曲をしているところです。パフォーマーの中だとLEONのvol.3とvol.4が好きなので、良い部分を取り入れつつ、新しいRIERUを見せたいなって思います。

憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる

b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

今後の目標というか、ずっと思っているのは、「女性のメンバー様から目標にしてもらえるような体型になりたい」ということです。デビュー当時はとても憧れられるような体型ではなかったので、そこを目標にして頑張っています。

普段は食事制限をせずに、食べたいものを食べるんですけど、「女性が憧れる体型は45分のワークアウトだけで維持できる」ということを証明したいですね。

メンバー様へのメッセージとしては、K-POPに興味のない方は「K-POPならいいや」ってなりがちなんですけど、1回でも受けてもらえれば絶対に印象が変わると思うので、ぜひ来てほしいなと思います。

トライアルの方や初心者の方でうまくできなくても、目の前で正しいフォームを見せたり、キューイングができるようにしたりするので、一緒に45分間のワークアウトを思いっきり楽しみましょう。

プライベートの過ごし方

b-monsterパフォーマーの横顔RIERU

プライベートでも仲が良いのはパフォーマーのMARIとREIです。MARIは尊敬できるし、仕事の価値観が似ているのでよく一緒にいます。

REIは香水が好きだったり、ジャンクフードが好きだったりして、好みが合うんです。2人でご飯に行くときは、ピザやハンバーガー、ステーキをよく食べます。食べたら顔にも身体にも出るんですけど、好きなものは我慢したくないので。

おすすめの美容法としては、お風呂上がりでも寝る前でもいいんですけど、ストレッチは絶対に毎日やったほうがいいと思います。

好きな洋服ブランドは「AMBUSH」や「ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB」などのストリート系。靴とカバンはハイブランドが多くて、「Balenciaga」がお気に入りです。

完全に1人のときは、家に引きこもってNETFLIXを観ています。よく観るのはホラー映画みたいな暗いやつ。あとはAKARIと一緒で、アニメをめっちゃ観ます。最近では『進撃の巨人』がいちばんですね。そんな感じです。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Toru Miyahara Editor / Media Producer
大学卒業後、旅行誌の記者として北米・アジア・中東エリアの取材を経験。現在は都内のIT企業に所属し、複数のメディア運営・企業ブランディングなどに従事する。平日早朝から週3日ほどb-monsterに通うファンでもある。好きなプログラムは、NALU vol.2とSAORI vol.1。さらなる高みを目指してHARDプログラムに挑戦中。
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26