CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔 "NANA" <前編> 子役・ダンス・演劇。表現の世界に関わってきた学生時代

MONSTERS | 2017.08.15
b-monsterパフォーマーNANA

子役、ダンス、芝居、女優、幼稚園の先生などNANAには多くの経歴がある。普段の可愛らしい笑顔とのギャップがNANAの魅力。今回、そんなNANAの過去を赤裸々に話していただいた。b-monsterパフォーマーNANAの原点に迫る。

子役としてドラマ、CMで活躍していた小学生時代

b-monsterパフォーマーNANA。子役としてドラマ、CMで活躍していた小学生時代

沖縄出身で、日本体育大学を卒業した体育会系な両親の元、2人姉妹の次女として生まれました。母親がダンサーをしている関係もあり、姉が小学生から子役として芸能事務所に入り、私も2コ上の姉に続くように小学校一年生で芸能事務所に入りました。

子役って仕事がとても多いんです。NHKの連続ドラマ、マクドナルド、バンダイ、アイリスオーヤマなど大手企業のCMなど。「忍風戦隊ハリケンジャー」では夢の中に閉じ込められたリカちゃんという役柄を演じたり、「ワイワイキッズ」という子供向け番組ではレギュラーとしてTVだけでなく、全国飛び回ってコンサートでダンスなどを披露していました。

仲良しのお姉ちゃんの後を追って進学

b-monsterパフォーマーNANA。仲良しのお姉ちゃんの後を追って進学

子役の仕事は小学生でやめて、中学生から普通の学校生活を過ごすようになりました。優等生というわけではなかったはずなのに、なぜか推薦されて生徒会副会長をしていました。それが何なのかも分からずに。。

高校は姉と同じ私立高校に進学。その頃は運動部ではなく、食べるのが好きだからという理由で茶道部へ。お茶を立ててお菓子を食べたかったんです(笑)茶道部でもなぜか部長に。中学でも高校でも、できるわけではないのに、優等生的なポジションを任させれてしまう不思議な感じでした。

高校時代は三味線を習ったり、英語を勉強したりしていました。母の姉が海外経験が長く英語ペラペラだったので、その影響で英語が好きになりました。英語のスピーチコンテストにも出場し、そこで2位になったことがあります。今思うと家族の影響もあり、学生時代から表現することが好きだったような気がします。

日大芸術学部で、演劇とダンス三昧の日々

b-monsterパフォーマーNANA。日大芸術学部で、演劇とダンス三昧の日々

大学も仲良しの姉を追うように、日大芸術学部映画学科演技コースに入学しました。姉と同じダンスサークルに入り、毎日ダンス三昧。
ダンスの中でも
・JAZZヒップホップ
・ガールズヒップホップ
・パンキング
というジャンルで、負けず嫌いな性格なので完璧になるまでやりたいと思い、ダンスはとことん練習していました。

芸能事務所でダンスの先生を。しかし、膝の怪我で・・・

b-monsterパフォーマーNANA。芸能事務所でダンスの先生を。しかし、膝の怪我で・・・

卒業後は芸能事務所で子供達にダンスを教えていました。坂上忍さんの芸能事務所など、結構ガチなところで「表現」といわれる授業を受け持っていました。演技では毎回違う役回りをするので、いろいろ経験していた方がのりうつりやすいし、俳優・女優は何でもできないとダメな職業なんです。

しかし教えている途中、子供に足をもっていかれて、膝が抜ける大怪我をしてしまいました。それでしばらくダンスができなくなり、そこから舞台の活動が中心となりました。

大学時代に演技を学んでいたこともあり、当時の先輩からのオファーで様々な舞台に出演させていただきました。その時もやはりダンスの経験は活きていたと思います。

芸能事務所に所属しながら、いろいろな仕事を経験

b-monsterパフォーマーNANA。芸能事務所でダンスの先生を。しかし、膝の怪我で・・・

鈴木奈々さんも所属する「ツインプラネット」という芸能事務所に所属しながら、いろいろな仕事を経験してきました。芸能活動の傍らで、幼稚園の先生をしていた時もあるんです。子供が大好きなので。

b-monsterで働く前は、NRC(Nike+ Run Club)でペーサーをやったり、NTC(Nike+ Training Club)でトレーナーをやっていました。運動が好きなので、芸能以外だと運動に関われる仕事ができたらという気持ちがありました。

NTCでスタッフ総入れ替えのタイミングでNTCを離れることになり、そこでb-monsterを見つけます... <後編へ続く>

b-monsterパフォーマーNANA。後編へ続く
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KIMI"「高いエンタメ度がキツさを楽しさに変える」
ダンス経験を活かした、魅せるパフォーマンスで高く支持されている銀座スタジオ所属のKIMI。人気のvol.3の制作裏話をはじめ、自身のプログラムへの想いから、その日常までを聞いた。
2019.05.07
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"AO" 「笑顔になるメンバー様の姿を見るのが大好き」
多くのメンバー様を笑顔にするために、パフォーマーとしての役目を日々考え続けるAO。そんな努力家AOがb-monsterへの想いを語った。
2019.04.25
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAORI" 「どんなにキツくても笑顔だけは絶対に忘れない」
全力パフォーマンスと溢れる笑顔で、満員のスタジオを沸かす池袋スタジオ所属のパフォーマー、SAORI。そのバイタリティと笑顔の背景には一体、何があるのか。普段、語ることのないその素顔に迫った。
2019.04.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "YUNO" 「栄メンバーと切磋琢磨して最高のスタジオに」
b-monster栄スタジオ オープニングメンバー「YUNO」インタビュー。オープニングメンバーとしても想いをお聞きしました。
2017.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NATSU" 「ポジティブになってもらえるように」
blackを担当するNATSUならではのブラックミュージックの魅力やレッスンの工夫についても話してもらいました。
2017.10.03