CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"MERU"「メンバー様を全員応援したい」

MONSTERS | 2019.12.24
b-monster meru

学生時代から人前に立ち、自分を磨いてきたパフォーマー"MERU"。舞台をb-monsterに変えた1年は、自身にどのような変化をもたらしたのか。銀座スタジオでの試行錯誤の日々を振り返ってもらった。

華やかなステージに憧れて

b-monster meru

小さい頃から体操とか、いろんな身体を動かすことをしていて、中学・高校ではバトントワリング部に入りました。毎年全国大会に出場する厳しい部活だったので、朝もお昼も放課後も部活漬け。休日はもちろん、元旦も練習していた記憶があります。

「ちょっとカッコいいな」と思って、軽い気持ちでやり始めたんですけど、6年間バトンしかしない生活になるとは思いませんでした(笑)。

b-monsterに入る前は、国際線のCAをしてました。

仕事を辞めたあと、IT関連の仕事で内定をもらっていたんですけど、「これでいいのかな?」「楽しいことがしたいな」と思って、インターネットで求人広告を見つけたb-monsterに入社しました。

b-monsterは前職時代にプログラムを受けたことがあって、通うまでにはいかなかったんですけど、「楽しかったな」と印象に残っていたんです。けっこうノリで生きてるので、「いったんやってみよう」って感じで決めましたね。

トレーニングと試行錯誤の日々

b-monster meru

b-monsterに入社したのは2018年11月1日です。研修を受けたあと、2019年1月に銀座スタジオでデビューしました。

研修中は基礎体力トレーニングもすごくハードだったんですけど、いちばん苦戦したのはパンチです。もともと運動はしていたものの、格闘技の経験がなかったので大変でした。

なので、初めは悔しい思いもしたんですけど、辛いと感じたことはありません。

A.LyssaさんやLISAさん、TATSUMIさんに優しく教えていただいて、研修が終わるときには「もうちょっとここにいたい」って寂しくなっちゃいました。大人になってから、こんなに人から真剣に教えてもらえる機会はないので、本当にありがたいなと思っています。

デビュー後は毎日必死にこなしていくなかで、パフォーマー“MERU”として集客ができるようにしたいと思っていて、「MERUのプログラムがあるから行きたい」と言っていただけるように試行錯誤しています。

比べるのも失礼なんですけど、やっぱりKIMIさんやRYUさんなど、人気パフォーマーの予約の埋まり具合を見ているとすごいので。

「The Chainsmokers」で感じた手応え

b-monster meru

vol.1では基本的なパンチをジャブ、クロス、フック、アッパーと順番にやっていきます。複雑なコンビネーションがないので、トライアルの方や初心者の方でもついていけるし、無心で思い切りパンチを打ちたい方にもおすすめです。

曲も幻想的で、旅をしているような気分になれるので、音楽を楽しみながら身体を動かしてほしいなと思います。

「The Chainsmokers」では、初めて自分でコリオを作りました。アドオン方式でパンチをどんどん追加していきたくて、長めのコンビネーションを入れてみました。

初見だとすこし難しいかもしれないんですけど、メンバー様から「vol.1とは違うMERUっぽさがわかった」と言っていただいたり、いろいろ悩んでつくったので「The Chainsmokers」からひと皮向けたような気がします。

メンバー様を全員応援したい

b-monster meru

プログラム中はあまり煽ったりしなくて、とにかく応援しています。うまくパンチが打てなかったりしても「ナイスパンチ!ナイスパンチ!」って言って、すごい褒めますね。

キュー出しは、迷子にさせないようにわかりやすく。うまく動ける方も、そうでない方も、メンバー様を全員応援したいと思っているので、一人ひとりの顔をよく見て、最後のフリーパートまでに1回は回れるようにしています。

メンバー様は毎朝いらっしゃる方や夜の決まった時間にいらっしゃる方など、みなさん優しくしていただけるし、パフォーマーやスタッフの仲もすごく良いので、銀座スタジオが大好きです。

フロントにいるときはふだんの自分に近くて、けっこうフワフワしてしまっているので、プログラムに入ったらカッコよく、スイッチを入れるように意識しています(笑)。

存在感のあるパフォーマーに

b-monster meru

パフォーマーとしては、11月に出させていただいた「beat monster vol.2」がすごく良い刺激になりました。

最初に話をもらったときに「やりたい!」と思って、すぐ返事をしたんですけど、実力と人気があるMARIさんと一緒ということもあって、ちょっとプレッシャーだったんです。

MARIさんとは面識がある程度だったんですけど、コリオの作り方やプログラムの盛り上げ方、声の抑揚の付け方など、すごくいろいろなことを教えていただいて、本当に勉強になりました。

MARIさんや他の人気パフォーマーは、いるだけでその場を華やかにできるオーラがあるので、私も自分らしさを追求しながら、存在感のあるパフォーマーになりたいなと思います。

プライベートの過ごし方

b-monster meru

プライベートでは、予定をきっちり立てたい自分と、1日中ゴロゴロしていたい自分がいて、日によって変わるんですけど、友達とお出かけをしたり、美味しいご飯をたべたり、ジムに行ったりしています。

ストレス解消法は、とにかく「無の時間」をつくること。あまり映画やテレビを観たりせず、気づいたら何時間もボーッとしています。そういう時間も必要だなって。

おすすめのトレーニング法は、ゴムバンドを使って上半身と下半身を鍛えることです。自宅でも簡単にできるし、職場にも持ち歩けて便利なので。

私服はスカートばっかりで、可愛い系のファッションが好きです。好物はいちご大福。今日もカバンに大福が3個入ってます(笑)。

私と一緒に楽しい45分間を!

b-monster meru

メンバー様へのメッセージとしては、疲れて「今日はジムに行きたくないな」っていう日もあると思うんですけど、来ていただけたら「次の日も頑張ろう!」って思っていただけるように応援したいなと思います。

本調子が出なくて追い込めなくても、音楽を聴いて、身体をすこし動かすだけで気分転換になると思うので、ぜひ私と一緒に楽しい45分間を過ごしましょう。銀座スタジオでみなさんをお待ちしています。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Toru Miyahara Editor / Media Producer
大学卒業後、旅行誌の記者として北米・アジア・中東エリアの取材を経験。現在は都内のIT企業に所属し、複数のメディア運営・企業ブランディングなどに従事する。平日早朝から週3日ほどb-monsterに通うファンでもある。好きなプログラムは、NALU vol.2とSAORI vol.1。さらなる高みを目指してHARDプログラムに挑戦中。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26