CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」

MONSTERS | 2020.01.27
b-monster kazki

スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。

生きがいを探し続け、b-monsterへ

b-monster kazki

2020年3月で、入社して丸3年。いま日本にいる男性現役パフォーマーでは一番ベテランになってしまいました。先日、気づいて驚きましたよ。よりクオリティ上げていこうと身が引き締まります。

出身は福岡県。スポーツは幼稚園からサッカー、小学生から柔道をやってました。サッカーは高校時代、副キャプテン。チームのまとめ役として励んでいました。昔から仕切るのは大好きでした。

高校卒業後は飲食店勤務や解体業など、毎日バイト。お金を貯めながら、生きがいを探し続けていました。昔から英語が好きだったので、海外で仕事することも考えていました。

b-monsterはたまたま知人に教えてもらったんです。ネットで見たら運動×音楽と自分の好きな要素があり、「ニューヨーク生まれ」で海外の雰囲気もある。これは挑戦してみたい!と思い応募し、幸いにも合格をもらいました。

切磋琢磨した同期の存在が自分を支えた

b-monster kazki

入社は2017年3月16日です。同期はA-ZSON、LEON。研修は、とてもキツかったです。体力作りから動作の習得まで激しいトレーニングが毎日8時間。また当時は今よりデビューまでの期間が短いこともあって、指導も厳しかったんです。キツい言葉をかけられ、自分への悔しさから、正直泣きそうになったこともありました。

そんな自分が頑張れたのは同期の存在。一日の研修が終わった後、みんなで飲みに行き「悔しさをバネにしようぜ」「俺らでb-monsterを盛り上げるぞ」なんて話をして……。もし同期がいなかったら、自分はいま絶対ここにいません。

辛苦の果てに見つけた自分のスタイル

b-monster kazki

デビューは1ヶ月後の4月16日。ここまでの3年間で僕にとって一番の転機となったのは、そのデビュー1年後、最初所属していた銀座から新宿スタジオへ異動した時ですね。

当時の新宿は、SAORIさん、KIMIさんら指折りの人気パフォーマーばかり。僕も銀座時代は人気ランキングで上位には入っていましたが、動員数がまるで違うんです。メンバー様が多くいらっしゃる土・日などSAORIさん、KIMIさんが担当する午前や夕方のプログラムは満員。一方で自分のプログラムはピークタイムの真っ昼間なのにかなりの空きがある。この時はさすがに堪えました。すごく考えました、自分のプログラムの在り方を。自分は見た目によらず、ナイーブです(笑)。

そんな中、背水の陣で臨んだのがvol.2の進化です。自分の代名詞的に作ったこのプログラムをより良くすることで、メンバー様に「KAZKIが変わった!」「行ってみよう!」とアピールできると思ったんです。そして思いついたのがコール&レスポンス。僕はライブが好きで昔からよく行っていたんですが、DJやラッパーがお客さんと声を出し合って楽しんでいるのを思い出しました。そこで自分も「Say! HO!」とか「Say! YEAH!」とプログラムにたくさん取り入れたんです。すると「楽しい!」「また受けに来る!」とメンバー様の嬉しい反響が! 広い新宿スタジオも常時、埋まり始めました。

当時のb-monsterはとにかくクールで洗練されたイメージ。でもアツく泥臭いヤツが一人いてもいいんじゃないか。自分がその一人になろうって。そんな想いを胸に思い切ってプログラムをやるようになりました。自分に自信が持てたのはそこからですね。

バラエティに富んだ五つのプログラム

b-monster kazki

僕はいま5個のプログラムを受け持っています。vol.1はベーシック。サーキットの強度はやや高めながら動きは基本的なものばかり。集中し、ひとつひとつを丁寧にやりたい方や初心者向けです。なお、この3月、自分の入社3周年を機にリニューアルを予定しています。初心を忘れることなく、よりクオリティの高いプログラムをご提供できればと思います。

vol.2はパーティがテーマ。とにかく楽しむ、それに尽きます。『何か分からないけど、身体が弾むように楽しく、音にノレて気が付いたら滝汗かいて痩せちゃった!』ということを狙い、作り上げました。サーキットは一曲ごとに腕、脚、お腹と部位別に分け、それぞれしっかりと鍛えられるように。またパンチのコンビネーションも豊富に入れています。セトリは当時としては珍しいアーティスト縛りで、全曲ピットブル。DJでもあるLEONと選曲し、クラブの臨場感を大事に構成しました。もう一度言います、楽しいです。まだ一度も受けたこと無い方、是非盛り上がりに来て下さい。

K-POP3は僕の中では一番のハードプログラム。レンジャー訓練のようなキツさです(笑)。サーキットはこれまた部位別で脚、お腹、腕をしっかりと鍛えます。一方でパンチパートは音ハメ中心。ダッキングからのパンチや、パンチ4連発からのサイドジャンプなど踊るような動きも。高強度ですが、楽しさ盛り沢山です。

vol.3は、お腹に効くプログラムです。ツイストやスリップ、シットアップやスケーターステップなどがパンチと織り交ぜながらいっぱいでてきます。実はこれ、とある同期のvol.1を引き継ぎ一部アレンジしたもの。デビューから一年間銀座で一緒だったので、苦楽を共にした仲間の足跡を残したかったんです。もちろん内容もいい。強度はやや低めで、基本的な動きが多く初心者も楽しめるはずです。

最後は、35min,。こちらのコンセプトはEDMフェス。有名な世界的DJの楽曲を厳選しました。短時間ですが強度は高め。KAZKIプログラムを凝縮した内容です。

「僕にとってプログラムは〝ライブ〟」

b-monster kazki

プログラムで意識している事は、一回の45分を大切にすること。その時のスタジオの雰囲気、メンバー様の様子によって、キューイングの声のトーンやタイミングなどを変えています。落ち着いた方が多い回では、じっくりと集中できるように。声出して好きに楽しむ方が大勢集まっている回では、ひときわ賑やかにして、序盤からフルスロットル。

また新宿スタジオなどの大箱でも2列目、3列目の人も楽しんでもらえるように神経を張り巡らせ、端から端まであおりに行きます。一人だって飽きさせません。

僕にとってプログラムは〝ライブ〟。アーティストのライブに行って盛り上がるのと同じように、思いっきり楽しんでいただければと思っています。恥じらいなど要りません。45分間、心を解放し、本能で臨んでみてください。

また僕のプログラムは強度、難易度の両方を通常より上げています。特にvol.2は、初見では全て出来ないと思います。それは達成感を思いっきり味わって欲しいから。勉強もそうですよね。最初から全部できたら面白くない。努力するからできた時は楽しいし、嬉しい。メンバー様にとっては最初は辛いかもしれませんが、慣れてしまえば勝ちです。是非、僕のプログラムに挑戦して、最高の達成感を味わっていただきたいです。

プログラムで動くことの意識ですか? それは当然です。僕らパフォーマーは、スタジオ内でサーキットからパンチパートまで動きまくって、煽って、声を出して、盛り上げるもの。それらをすべてやることでメンバー様も一緒に頑張ろうと思って頂ける。僕の新宿時代は、まさにそういう先輩が常にスタジオを沸かせていました。国内一番の古株現役男性パフォーマーからの提言として(笑)、新人パフォーマーは常に肝に銘じて欲しいですね。

意外すぎる趣味は!?

b-monster kazki

趣味は寺社仏閣巡りです。みんなからは意外に思われますが(笑)、朱印帳は3冊持っています。小さい頃から好きで、高校時代は福岡から一人で夜行バスに乗り、京都・奈良まで4泊して巡ったこともあります。心が清められて、エネルギーになります。

あとは温泉や岩盤浴に行くこと。オフの日は箱根などに行って温泉に浸かってます。現在所属している羽田スタジオから行くこともあります。またスーパー銭湯みたいなところに行くのも好きです。LEONが日本にいた頃は、よく一緒に行きました。ご飯を食べて温泉に入り、牛乳を飲んで帰るみたいな。今は一人なのが寂しいですね。

プログラムを通し、自分に自信を

b-monster kazki

b-monsterの良さは、やはり無我夢中でサンドバッグを打てることですね。これは無料体験会でよく言うんですがストレスが溜まった時、大体お酒をあおったり、カラオケに行ったりする人が多いはず。でもそれって身体にあまりよくないし、決して解決されないと思うんです。それならb-monsterで汗をかき、心身ともにスッキリしていただければいいと思いますね。

僕からメンバー様にはプログラムを通し、自信を持てるようになっていただきたいです。例えば普段できないプッシュアップを一回でも多くやる、膝をつかずにやるなど、自分なりの目標を45分の中で掲げてやっていただければ、なおいいかなって。自分の限界を超えていくことで自信は付いてくるもの。b-monsterを通し、自分で自分を褒められるようになってほしいです。

ちなみに自宅で出来るトレーニングとしてはプランクがオススメです。テレビのCM中のエルボープランク。他には仰向けでかかとを床から少し離し、膝を伸ばしてキープするのもいいですね。スキマ時間のひと頑張りでお腹に確実に効いてくる。簡単でオススメです。

A-ZSON、LEONとは今も時々連絡を取り、タイミングが合えば会っています。昨年末にA-ZSONが帰国して国内で凱旋ツアーをやった時もその合間に一緒に飲みに行って、朝までいろんなことを語り合い、元気をもらいました。彼らは上海・台北でそれぞれ頑張っているけど、僕も負けてられません。ベテランになっちゃいましたが、初心を忘れずまだまだ全力で飛ばしていきます!

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Tomoki Ohno
音楽制作会社、カルチャー誌での勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに転職。現在は雑誌やウェブサイトなどで、音楽をはじめエンタメ、スポーツ、飲食などの記事を執筆。b-monsterは、約2年にわたって週3~4日ほど通っている。

phoho by Jun Yamashita
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MERU"「メンバー様を全員応援したい」
学生時代から人前に立ち、自分を磨いてきたパフォーマー"MERU"。舞台をb-monsterに変えた1年は、自身にどのような変化をもたらしたのか。銀座スタジオでの試行錯誤の日々を振り返ってもらった。
2019.12.24
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
スタジオ内を所狭しと走り回り、元気なパフォーマンスで魅了するNIKA。意外にもデビュー当時の彼女はプログラムに苦しんだとか。彼女を変えたものは何か。これまでを振り返ってもらった。
2019.12.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KATE"「心を強くする45分間」
愛らしい表情からは想像のつかないアクティブなパフォーマンスで人気のKATE。自信の持てない彼女は研修時代からパフォーマーになったばかりの頃まで、いつも泣いてばかりいたという。それがどうして今のように明るく、前向き姿に生まれ変われたのか。軌跡を辿った。
2019.12.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LUA"「Live now of the moment 100% 今の一瞬を100%で生きる」
プログラム中、早いビートで軽やかなステップを取り入れることで、まるでダンスをしているかのようなLUA。栄スタジオのオープニングメンバーとしてデビューを果たした彼女の想いに迫った。
2019.12.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KENT”「最高の45分間を熱い気持ちのままに」
見事な筋肉を躍動させ、雄叫びを上げながらスタジオ中を駆け回る。一見クールなその風貌とは裏腹の熱いプログラムで人気の大宮スタジオ・パフォーマーKENT。彼の素顔に迫った。
2019.12.05