CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"jua"「一歩踏み出すことで、できないこともできるように」

MONSTERS | 2019.09.20
b-monster jua

デビューしてから約10ヶ月、常に明るくパワフルが印象的なjua。中学の時から培ってきたダンスをプログラムで活用し、メンバー様の笑顔を大切にする彼女の素顔に迫った。

b-monsterへの憧れは高校生から

b-monster jua

b-monsterは高校生の頃から通っていました。当時は新宿スタジオの会員で、特にNATSUさんのプログラムが大好きでした。躍動感溢れるパフォーマーの姿に魅了され、私もステージに立ちたいなって思ったのが最初のきっかけでした。

高校時代は、都内を中心にダンスの活動をしていました。地元、静岡の中高一貫校に通ってたんですが、中学3年生の冬頃に、ダンスに夢中になってしまい、高校を中退をして上京しました。上京してから、通信の高校に通っていました。

当時はダンスツアーの楽屋で高校の宿題をやっていました。テスト期間中にツアーがかぶってしまったら、ツアーが終わった直後に7教科のテストを受けたりと、バタバタした生活だったので、あまり高校生として青春はしていないですね。ダンスは、全ジャンルを経験してきたんですが、最終的にHIPHOPに落ち着きました。男性が踊っている、ビートだけで踊るものばかりでしたけど(笑)

同期の存在が私を支えてくれた

b-monster jua

高校生の頃から通っていたb-monsterのステージに立ちたいという思いもあったんですけど、なかなか勇気が出なくて、悩むことがありました。そんなとき、音楽トーク番組の「music monster」をふと観た時に、b-monsterへの想いが大きくなって、応募に決意しました。もともとダンスツアーが終わって、スケジュール的にも気分的にもゆとりがあったので、このタイミングでという感じでした。

10代のうちに好きなことをやりたいと思っていて、b-monsterも好きだったし、パフォーマーとしてステージに立つことも夢だったので、その夢を叶えれるなら叶えたい。いつでもやりたいと思っていてもなかなかできないとなるともったいないなと思ったので、やれる時にやろうと思いましたね。

入社した当時は、SHOGOさん、CHIYON、EDOと同期で、この3人の存在がすごく大きかったですね。ダンス界は、とても厳しい場所だったんですが、デビューするまでの期間は、b-monsterが好きだったこともあって、プレッシャーや緊張感もあり、体力的にもキツかったのですね。

冬だったということもあって、体調を崩しやすい時期だったのですが、体調崩して、一日でも休んだら研修についていけなくなるっていう緊張感も凄いあって、絶対に体調を崩さないと思っていたんですけど、プレデビュー前に体調を崩してしまったこともありました。今考えると、研修は厳しかったですけど、同期がいたからこそ乗り越えることができました。

激動の三周年記念

b-monster jua

銀座スタジオでデビューしてから約10ヶ月になりますが、プログラムの中では6月の3周年イベントでmiiyaさんとペアで組んだ時が凄い楽しかったですね。miiyaさんもダンス経験があるので、一緒にダンスパートをやったりしていました。イベントが終わったあとに1人でプログラムをやりたくないってくらいに楽しくて、一番の思い出ですね。

逆に大変だったのは、3周年のイベントとLGBRQ+プログラムのリリースが重なってしまい、さらに私が参加しているダンスイベントが5月後半にあったので、頭がパニック状態で本当に大変でした。そんな状況の中、miiyaさんが何から何まで支えになってくれたことが、本当に助かりました。miiyaさんとペアじゃなければ、3周年は成り立たなかったと思っています。

パワフルなjuaだからこそできるプログラム

b-monster jua

プログラムが終わった後、メンバー様からは「juaさんのプログラムで元気が出たよ」といったお声をよくいただきます。プログラム自体は全体を通してパワフルを重視していますが、サンドバックの2曲目、Nicki Minaj の「Starships」という曲が私好きなので、メンバー様と一緒に歌いますね。よく参加していただいているメンバー様は「Let’s do this one more time」の歌詞を「Let’s do this one more 隊」にして歌っていただいているみたいで、メンバー様同士の団結でスタジオが揺れます(笑)

私のプログラムは、追い込むというより、一緒に歌って楽しく参加してもらうことを重視しています。満員であろうがなかろうが、スタジオの隅から隅までメンバー様の側に行くようにしています。基本的にダンスで培ってきたものを取り入れているので、足を高く上げる動作の時は、メンバー様は驚いた表情だったりしますね。

人見知りから明るく元気に

b-monster jua

銀座スタジオは一言で言えば、アットホームです。私自身、もともと人見知りだったんですが、b-monsterに入社してからは、メンバー様とお話しする事が多くなったこなともあり、銀座スタジオの太陽になりたいと思って、自然に明るくなりました。眠かったり、忙しかったり、お腹が空いてたりしてた時は、さすがに声のトーンがさがってしまいますけど、基本ずっと明るいですね(笑)

また、趣味の料理はレシピ通りにやるのが苦手なので、適当に買って適当に作って適当に食べる、創作料理的な感じです。親元を離れたのが早かったこともあり、母親の味を再現したくて実家帰った時に聞いてたりします。基本食べたいと思うものが、高カロリーだったりするので、献立を決めてから買うのではなく、買ってから献立を決めるようにしています。

銀座スタジオに配属されてから、まだ駅からスタジオまでのルートしか歩いていないです。ただ、 横浜、渋谷、新宿はお庭なので、行けば私がいるかも知れません(笑)

一歩踏み出すことで、できないこともできる

b-monster jua

ダンスしかずっとしてこなかった私ですが、ダンス以外で違うことに挑戦させてくれた場所、変われたのがb-monsterです。違う方向に導いてくれた、様々な経験をさせてもらったので、初めての正社員がここなので、社会についていろいろ学ぶことができたので、大切な場所です。

b-monsterのウェブサイトに載っているパフォーマー紹介の一言で、「I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.」という英文がありますが、一歩踏み出すことで、できないこともできるようになるといった想いをこめて、選びました。好きなプログラムを好きな時に参加して、元気の無い方は、私のプログラムで元気になってほしいなと思っています。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26