CONNECT WITH B-MONSTER

インストラクターインタビュー「つらさを超えた先に見えるもの」

MONSTERS | 2016.12.02
b-monsterインストラクターJOEのインタビュー

b-monsterのひとつの特徴は、インストラクターそれぞれの個性が際立っていること。ここでは、普段知ることのないインストラクターのb-monsterにかける想いを紐解いていく。

ボクサー時代

―JOEさんはボクサーだったとお聞きしました。ボクシングはいつから始めたのですか。

友人に誘われたのがきっかけで、15歳から始めました。国体やオリンピックを目指す方向に進んだので、プロライセンスは更新せずに、インターハイの東京代表選手や関東大会のキャプテンになることが多かったです。後楽園ホールで試合もさせていただいていました。

―ボクサー時代に培われた力はありますか。

試合は3分間、集中してやっていくので、集中力は養われていると思います。試合中は1対1で戦っていますが、外からコーチの指示なども飛んでくるので、周りを見る技術も備わりました。

―ボクサーの訓練とはどんなものなのでしょうか。

まずはロードワークが基本です。スタミナと心肺機能の向上のために、朝起きたら10km走るとか。一番つらかったのは試合に到達するまでの練習です。体をつくっていかなければいけないし、減量もありますし。あんなにつらいことはもうないと思います。そのおかげか、社会に出てからもくじけることは少ないですね。

インストラクター時代

―インストラクターの経験も長いとお聞きしました。

はい、ケガをして引退してから、一般の方にもボクシングをもっと知ってもらいたいという想いがでてきて、フィットネス業界に入ってもう15年以上になります。私1人で同時に200人以上の方を教えることもあったので、それは今に活きていますね。そちらを見ていなくても、サンドバッグを打つ音だけでいろいろ分かります。

―今回b-monsterのインストラクターになったのは、どのような想いがあったのですか。

はい、マネージャー歴も長かったのですが、私はもっと現場でお客さまと接していきたいという想いが強くて、一大決心しました。もうひとつは、40代のあるボクサーの存在です。まだ現役でがんばっていらっしゃって、こちらも勇気づけられる。だから私も現場に立ち続けて、昔スポーツをがんばっていた方たちに勇気を与えたり、応援する役になれればいいなと思っています。

―レッスンを受けている方の反応はいかがですか。

例えば、社会で役職がつくと、上から叱られることは滅多にありません。でもレッスン中は、社会的地位には関係なく指導してほしいと仰って下さる方もいます。「部活を思い出して熱くなれた」「若い頃先輩に叱られたことを思い出した。自分も初心に戻った気持ちで若手と接していこうかな」と言って下さるとうれしいです。みなさんががんばる姿を見て、私も励みになりますし、こちらもさらにいいものを返していきたいです。

ゲンを担いで使っているのは、学生時代に全国大会で
使用したバンテージ

つらさを超えた先に見えるもの

―JOEさんのレッスンの特徴を教えて下さい。

ボクシングジムのようなストイックさです。トレーニングも「習うより慣れろ」という部分が多いです。みなさん自主的に取り組んで下さるので、上達も早いですね。ボクシングジムに行くのは抵抗がある女性の方も、b-monsterの空間ならレッスンも受けやすいし、実際ジムに行くよりも上手く、強くなっています。

―どんな方にレッスンを受けていただきたいですか。

なにかに迷っている方にも来ていただきたいです。ボクシングは集中力や我慢強さが養われるので、もし会社やプライベートでいやなことがあっても、乗り越えていける強さが備わるかなと思います。「そんなこと大したことない」と思えるほど、高強度のプログラムですしね。

―つらい分、達成感もありそうですね。

みなさんには、つらさを超えた先に楽しさがくると伝えています。「きついな」とずっと感じていたのに、ある線を超えると「あれ?」って。膝をついても腕立て伏せができなかった女性が、今は普通に回数を重ねることができている。目標に到達する楽しさを味わっている方がたくさんいらっしゃいます。b-monsterのメリットのひとつは、自分のテンポで打てること。自分と向き合いながら、心身ともに強く美しくなっていってほしいです。

PROFILE

INSTRUCTOR JOE

b-monsterインストラクター初期メンバー。ボクサー、フィットネスジムインストラクターを経てb-monsterへ。本格的なボクシングを体感したい方、ストイックに汗を流したい方におすすめの高強度のレッスンを展開している。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KIMI"「高いエンタメ度がキツさを楽しさに変える」
ダンス経験を活かした、魅せるパフォーマンスで高く支持されている銀座スタジオ所属のKIMI。人気のvol.3の制作裏話をはじめ、自身のプログラムへの想いから、その日常までを聞いた。
2019.05.07
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"AO" 「笑顔になるメンバー様の姿を見るのが大好き」
多くのメンバー様を笑顔にするために、パフォーマーとしての役目を日々考え続けるAO。そんな努力家AOがb-monsterへの想いを語った。
2019.04.25
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAORI" 「どんなにキツくても笑顔だけは絶対に忘れない」
全力パフォーマンスと溢れる笑顔で、満員のスタジオを沸かす池袋スタジオ所属のパフォーマー、SAORI。そのバイタリティと笑顔の背景には一体、何があるのか。普段、語ることのないその素顔に迫った。
2019.04.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "YUNO" 「栄メンバーと切磋琢磨して最高のスタジオに」
b-monster栄スタジオ オープニングメンバー「YUNO」インタビュー。オープニングメンバーとしても想いをお聞きしました。
2017.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NATSU" 「ポジティブになってもらえるように」
blackを担当するNATSUならではのブラックミュージックの魅力やレッスンの工夫についても話してもらいました。
2017.10.03