CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterメンバーの群像 vol.4 安井 千晶様「入会時点に比べて驚くほど体が引き締まった」

MONSTERS | 2017.03.07
b-monster銀座スタジオ入り口 安井様

安井 千晶さま (OL)

「b-monsterに通い続けてすごい腹筋になってきた女性がいる」そんな噂を耳にして、わたし達は安井さんに取材を打診した。取材当日に現れた安井さんは、人懐っこい笑顔で明るく挨拶する女性。「腹筋が凄い女性」という噂から連想していた強そうなイメージとは正反対だった。しかし、話をしていると、安井さんの持つ熱い情熱が徐々に溢れ出てくる。

「なぜ鍛えるのか?」
一般の人が抱くこんな疑問も彼女にとっては明確な答えがある。人生は一度きりだから、やりたいことが見つかったらとにかく全力で取り組む。仕事もトレーニングも常に全力な彼女が、b-monsterに通う思いを語ります。

仕事が大好き。いろいろとチャレンジさせていただける環境に感謝しています

談笑している 安井さま

ー仕事内容について

新卒で入社した、百貨店のグループ企業でずっと働いています。 入社当時は店舗での販売・接客をしていました。 その後営業、CRM、バイヤーの経験を経て、現在はMDPの立ち上げを任せていただいています。 新規事業なので0から1にする事がミッション。社内になかったノウハウを出向して学ばせていただき、 自社での在るべき姿を考え、落とし込むところから取り組んでいます。 ライフスタイル提案型ストアのリブランディングに関わらせていただく事が出来たり、自らアイディアを出して行動する事が出来、 女性の感性も活かせる、とても遣り甲斐のある仕事だと思っています。

熱心に話す 安井さま

今の担当はフレックスタイム制なので、業務量に合わせて出退勤時間のコントロールをしていますが、 大体10時から19時まで仕事をしている事が多いです。 毎日トレーニングというと時間に自由な人だけの特権、と思われる方も多いかもしれませんが、 私は平日の昼間仕事をしている普通のOLです。 出勤前や仕事後の時間を活用して、トレーニングの時間を意識的に作る様にしています。

ボクシングジムを探していた、そんな時にInstagramで出会ったb-monster。効率の良い筋トレもしっかりと取り入れているプログラムに魅了されました

小さい頃から運動をやっていて体力には自信があったが、やってみるとついていけずショックを受けました
b-monsterに出会う前、ダイエット目的で通い始めたスポーツクラブで総合格闘技のプログラムをずっと受けていました。 その中でボクシングに興味を持ち、極めたいという思いが強くなり、ボクシングジムを探していました。 いろいろと見てはみたのですが、当時自分の求めている様なジムになかなか出会えず悩んでいて、そんな時に出会えたのがb-monsterでした。 衛生面等の環境面も良さそう、女性でも通いやすそう、自宅や職場からのアクセスも良い、と思い、すぐにトライアルを受けました。

サンドバッグに打ち込む 安井さま
サンドバッグに打ち込む 安井さま

小さい頃から体操、水泳、陸上、バスケ、フットサルとずっとスポーツをやってきた根っからのスポーツ女子で、 ハードなトレーニングで自分を追い込む事が大好きです。 b-monsterはそれが実現出来る場所だ、自分の限界を超える事が出来る場所だ、とトライアルの1回で感じる事が出来、 ボクシングだけでなく効率の良い筋トレも出来る事も入会の後押しになりました。 45分間ボクシング動作だけだったら入会していなかったと思います。

腕立て伏せをする 安井様
腹筋トレーニングをする 安井様

入会時点に比べて驚くほど体が引き締まり、今ではどれだけ食べても太らない体に

ボックスマスターの前で談笑 安井様

何事もすぐに結果を求めては駄目。とにかく継続する事が大切だと思っています。 実際b-monsterはかなりハードで苦しいレッスンですが、それを自分の中で“楽しい”に変える事、そして継続する為には、モチベーションの維持が欠かせません。 私は、モチベーション維持の1つとして、自分の体の写真を撮り続けています。 写真を撮り続けて気付いた事は、入会時点に比べて、誰がどう見ても分かるほど体が引き締まったという事。 入会前も他のジムで定期的に運動はしていたので決して太っているわけではなかったと思うのですが、全然体が違います。 歴然の差に自分でもびっくりしました。

安井さまの鍛えられた腹筋

量より質を大切に、レッスンの45分で全ての力を出し切るよう意識しています

b-monsterには週3~4回通っています。他のジムにも通っていて、体を鍛える事は私にとって欠かせない習慣となっています。 筋トレもボクササイズも、1つ1つの動きの意味や体のどこに効かせるのか、フォーム含めて正しく理解をして臨むと質がグンと上がります。 なので私は数をこなす事より、目の前の45分とにかく集中して、全力で向き合う事を心掛けています。 b-monsterのプログラムはかなり体へのアプローチがあるものなので、全力で取り組むと毎日はとてもできません。 やる時はやり、体を休める時はしっかりと休める。週2~3回でも、正しく継続して取り組む事で、体は絶対に変わると思います。

やると決めたらとことんやる。バンテージもグローブも自分のものを使い込んでいます

ボックスマスターを打つ 安井さま
マイバンテージとマイグローブ

b-monsterでは簡易バンテージやグローブの用意がありますが、私はマイバンテージ、マイグローブを使用しています。 自分のものを使うとモチベーションが上がり、トレーニングに対する姿勢や気持ちが変わります。 また、使い込んでいく程にバンテージやグローブに自分だけの味が出てくるので、そんな事が嬉しく、モチベーションになります。 せっかくやるならとことんやりたい。いけるところまでいきたい。最終的にはボクシングの試合に挑戦する事が目標です。

サンドバッグを打つ 安井さま
運動後髪を整える 安井さま
帰る 安井さま

- 編集後記

ダイエットがきっかけで始めたフィットネス。そのモチベーションが、いつしかうまくなりたい、鍛えたいに変わり、そして試合にまで出たいと思うようになった安井さん。常に前を見て、先に行きたいと思うアスリート魂を持っている女性。ストイックな面を持ちながら、その表情は常に笑顔で溢れている。その秘訣を本人に聞くと「笑う門には福来たる」という言葉が出てきた。仕事でもプライベートでも何事も本気で楽しむ彼女にピッタリな言葉だと思う。

夢を持っている人は目が輝いている。安井さんの目はまさに、夢を持っている人に共通する輝いている目。自分のライフスタイルを自分で決めて実践している人はカッコイイし素敵だ。安井さんのようなオープンで前向きな生き方は、変化に富んだ新しい自分に出会える毎日なのだろう。

運動後まんべんの笑みで談笑する 安井さま
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08