CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterメンバーの群像 vol.7 フリーランス美容師 山上志麻様「NYのフィットネスジムよりもb-monsterの方がきつい」

MONSTERS | 2017.04.23
b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん

山上 志麻さま (フリーランス美容師)

青山スタジオすぐ近く、青山通り沿いの美容院でフリーランス美容師として働く山上 志麻さん(以下、志麻さん)。年に2回ほどニューヨーク(NY)へ行くという志麻さんは、NYでもb-monsterのようなボクシングフィットネスに足を運んでみたそうです。NYのボクシングフィットネスとb-monsterはどう違うのか?その辺りの話も伺いました。

6年前にフリーランス美容師として独立。b-monsterへ行くと仕事のプレッシャーから解放される

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん

青山スタジオ近くの美容院でフリーランス美容師をしています。 6年前に個人事業主として独立しました。昔から長く付いてくれているお客様が多く、私がb-monsterの話をしているとお客様も興味を持ってくれて一緒にb-monsterへ通い出した方もいます。 「あねごっぽい」と言われることが多く、そういうさっぱりしている性格だからか、女性のお客様が多いです。

独立後はプレッシャーが大きくストレスも増えましたが、b-monsterでワークアウトすると仕事のプレッシャーから解放され、仕事を続ける上でも大切な場所になりました。朝早いのが好きなので朝7時や8時とかの時間帯に通っています。b-monsterに通う回数を1モンスター、2モンスターと呼ぶようになる位、生活の中心になりました。

最初はきつすぎて階段を登れないほど筋肉痛に

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。ボクシング写真

ー初めてb-monsterのトライアルを受けたとき

美容院の近所に青山スタジオがオープンしてすぐトライアルを受けました。2016年12月です。初めてトライアルレッスンを受けた次の日は階段を登れないほど筋肉痛に。 小さい時からクラシックバレーをやっていて、ダンスなども好きだったので、きついレッスンはウェルカムでした。周りの人たちが一生懸命やっているのをみると私もやらなきゃと思わされます。

ボクシングって男臭い感じがありますが、b-monsterは女性が通ってもオシャレなところがいいですよね

通ってから「痩せた、痩せた」と周りに言われます

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。インタビュー写真

ーb-monsterに通ってからの変化

他の暗闇フィットネスに通っていたのですが、b-monsterの方が体全体を使うし、腹筋など体幹を鍛えられるので、b-monster一本にしました。通ってから腹筋が付いたし、お客様にも「痩せた痩せた」と言われます。体が軽くなり、体力が付いたことを実感しています。

NYのフィットネスにも足を運んでみました

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。インタビュー写真

"これをやったら人生変わる"と思っていたことの1つに、1人で海外旅行へ行くことがあり、4年前くらいに初めてニューヨーク(NY)へ1人で行きました。NYは真が通ったオシャレを感じられる場所で、仕事上でも刺激になることが多くありました。でも海外へ行ってみて感じたのは、東京ってすごいなということ。

それから、美容業として向こうでも仕事ができる位の実力になりたいと思うようになり、年2回ほど、NYへ足を運ぶようになりました。

b-monsterのインストラクターHIROKOさんにNYのボクシングフィットネスジムの存在を教えていただき、NYのジムにも行ってみました。アメリカは太っている人が多い印象ですが、NYのジムはセレブ層が多くて太っている人が少ない。マンハッタンの中心に近いところにもスポーツブランドのショップや、フィットネスクラブが点在していて、セレブ層にフィットネス人気が高いことを実感しました。

NYのボクシングフィットネスジムよりもb-monsterの方がきつい

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。ボクシング写真

NYのボクシングフィットネスジムを比べても、b-monsterの方が全然きついです。向こうの人は周りが頑張っているから自分も頑張ろう的な感覚はないですね(笑)。b-monsterの方が筋トレパートが多いし、コンビネーションも速くて心拍数が上がりっぱなし。b-monsterに慣れた後にNYのボクシングフィットネスへ行ってみると平気でついていけました。

b-monsterは既存会員を大切にしているのが伝わる

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。インタビュー写真

b-monsterがいいなと思うところは、既存会員を大切にしている点。銀座スタジオで入会制限をかけたり、いろいろ制度を変えて対応しているのをみて、会員を大切にしているのが伝わります。

だからこそ、インストラクターも大切にして欲しい。1日にいくつもレッスンを持ったりしているので、レッスンを減らしてもいいから「そんなにやらなくていいよ」なんて思ってしまう時もあります。親心的な感じですね(笑)。

青山スタジオのインストラクターは全員受けています。KAIYA、MUSICA、RISA、HIROKO、NATSU、YUUKIなど全員大好きなインストラクターばかり。2017年4月中旬の新スタジオオープンでインストラクターの所属が変わってしまい、寂しく感じているけど、みんな体を壊さず長く続けて欲しいと思っています。

KAIYAのプログラムにあるトータッチもできるようになりました

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。ボクシング写真

中でも一番好きなインストラクターはKAIYA。ダンサーの人がやっている姿はかっこいい。髪型が侍みたいなところ、ベタベタしてなく飄々としているのがいいなって思っています。難易度が高くて有名なKAIYAのプログラムにあるトータッチもできるようになりました。2017年4月中旬から新宿スタジオへ移動するので、新宿にも行ってみたいと思っています。

編集後記

取材を通じて分かったのは筆者と志麻さんは同じ歳ということ。驚くほど若くてイキイキされている。志麻さんのブログを拝見させていただいたところ「運動は運を動かす」との記載が。志麻さんの若さや元気の秘訣は朝の運動。フリーランス美容師として長くお客様が付いているのは、その技術力はもちろんのこと、志麻さんから頂ける元気なのかもしれない。

b-monsterお客様インタビュー山上志麻さん。モノクロ写真
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08