CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterメンバーの群像 vol.2 若林 郁未様 「自分にちゃんと結果が返ってくるから、つらいことも楽しめる」

MONSTERS | 2017.02.13
若林さまインタビュー風景

若林郁未さん (トークノート株式会社 セールス)

b-monsterには週2、3回通っているという若林さん。社内SNSを運営する会社で、セールスとして多忙な日々を送っているなか、b-monsterをどんなふうに生活に取りいれているのかお伺いしました。

オシャレで楽しく女性でも通いやすい

b-monster内装写真

―どの曜日、時間帯にレッスンを受けることが多いですか。

土日に行くことが多いですが、平日だと始業前か、仕事帰りに19:00~22:00スタートのプログラムに行くことが多いです。気合を入れて起きて、朝7時スタートのプログラムに出ることもあります。

―b-monsterに通うようになったきっかけは何ですか。

もともと興味があって、ボクシングジムを見に行ったことがありました。でも、殴ったり殴られたりすることや、ロッカールームやシャワーの設備が整っていないのは嫌だなと感じて、思いとどまっていました。そんななか、たまたま紹介をいただいて、b-monsterの体験会に行ってみたら、施設もキレイでレッスンも楽しかったので通うようになりました。

仕事のモチベーションアップ / リフレッシュに

若林さまグローブ着用

―b-monsterのよさはどんなところですか。

b-monsterはクオリティがとても高いと思っています。 インストラクターの方々の感じのよさはもちろん、教えてくれる技術、盛り上げてくれる技術も高いと思います。通っている方たちのモチベーションの高さも、自分にとって刺激になるなと思っています。

―若林さんは、社内SNSの営業というお仕事柄、いろいろな方と専門的な話をして気を遣うことも多いと思います。仕事で疲れている日もb-monsterに行こうと思いますか?

はい、リフレッシュできるので行きます。 レッスン中は暗闇で、無心になって目の前のことに集中できます。精神的なモヤモヤが飛んでいってスカッとしますし、心地よい疲れも感じられて、いいストレス解消になります。

体力がつき、日常も好循環するようになりました

若林さまボクシング

―b-monsterを始めて、変わったことがあれば教えてください。

体力がすごくつきました。もともと運動は好きでしたが、数年間運動する機会がなくて、疲れやすい体質になっていました。運動も取り入れなきゃと思ってb-monsterに通いだしたら、全然疲れなくなったし、食欲もわいてきて、いいことづくめでした。

最近では、周囲から「明るくなった」と言われることもあります。疲れにくくなったおかげで、イライラすることが減りましたし、インストラクターさんや通っている方たちから元気をもらえているからだと思います。

―体型の変化はありましたか。

体型的な面では、おなかが痩せました。脂肪がなくなって硬くなってきた実感があります。 普段スーツを着ることが多いですが、スーツのスカートに余裕ができて、変わったなと思います。

―食生活でなにか気をつけていらっしゃることはありますか。

食事は、野菜を多く食べるようにして、あとは全然気にしていないです。 一時期、体型を気にしてあまり食べないようにしていたら、疲れやすいし元気もなくなってしまったので、今はしっかり食べています。インストラクターの方も、「ちゃんと食べて、ちゃんと動くのが一番」と言っていたので、ちゃんと食べて、ちゃんと動いて、ちゃんと寝てという健康的な生活をしています。

インストラクターごとに違うレッスンでバリエーションも楽しめる

若林さまボクシング

―よくレッスンを受けているインストラクターはいますか。

最近はまんべんなくいろんなインストラクターのレッスンを受けています。それぞれ全然違うプログラムなので、この人のレッスンは腕がけっこう疲れるなとか、腹筋がつらいとか、バリエーションがあるので楽しいです。

―レッスンを受けてみて、印象的だったインストラクターはいますか。

JOEさんです。JOEさんのレッスンはあおってくるのが特徴的だと思います。 夫もb-monsterに通っているのですが、夫はJOEさんのレッスンにハマっていて。 私には厳しすぎるので、JOEさんのレッスンを受けるときは心してという感じで一緒に行っています。笑

MISAKIさんも好きです。トレーニングメニュー中は、インストラクターはみんなの指導にまわることが多いと思うのですが、MISAKIさんは全部一緒になってやるんです。1日にいくつもレッスンを持っているのに大丈夫かな?と思ってしまうほどです。仕事帰りで疲れていても、元気をもらえるというか、こちらの気持ちも変わりますね。

自分にちゃんと結果が返ってくるから、つらいことも楽しめる

若林さまボクシング

―b-monsterと他のフィットネスジムとの違いはありますか。

過去に行ったフィットネスジムは、トレーニングマシンを使って各自でトレーニングをするのですが、あまり自分を追い込めなかったです。ヨガなどいろいろなクラスもありましたが、そこまで集中できる感じではなかったですね。b-monsterでは暗闇や音楽、インストラクターさんの盛り上げもあって、自分の限界まで力を出し切ることができます。

―レッスンはきつくないですか。

きついですね。学生時代はバスケをやっていて、そのときは限界まで力を出し切ることがありました。でも大人になるとそんなこともあまりなくなってきますよね。でもb-monsterのレッスンなら、楽しみながら限界まで力を出しやすいです。

たとえば筋トレも、限界までやるとつらいし、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けちゃう。でも、もうちょっとがんばろうって思って乗り越えていければ、その経験は日常生活でも仕事でもすごくプラスになると思います。乗り越えられれば、自分にちゃんと結果が返ってくる実感があるので、つらいことも楽しめるようになります。

肉体的にも精神的にもメンテナンスの場

―若林さんにとって、b-monsterはどんな場所ですか。

肉体的にも精神的にも、メンテナンスの場所かなと思います。体を動かしているだけじゃなくて、限界を乗り越えていく訓練にもなるし、元気をもらったりストレス解消もできるので、心身ともにいい影響を与えてくれていると思います。


編集後記

日々のお仕事ではいろいろな方と対面し、専門性の高い商談を行っている若林さん。気を遣う局面が多いなか、b-monsterで無心になる時間を持つことで、上手にオンオフを切り替えていらっしゃるようでした。

華やかで柔らかい雰囲気をお持ちの方ですが、お話ではストイックな一面も垣間見せて下さいました。限界を乗り越えていく向上心があるからこそ、公私ともに充実した毎日を送っていらっしゃるのではないかと感じました。

トークノート株式会社 紹介

「共通の価値観が浸透したいい会社をつくる」をコンセプトに、社内SNS「Talknote」を提供しています。シンプルで誰もがすぐに使えるサービスで、社内コミュニケーションの円滑化をサポートします。2011年にサービスをリリースし、現在、株式会社ネクシィーズ、株式会社エー・ピーカンパニーなど20,000社を超える企業が利用しています。

トークノート公式サイト:https://talknote.com/

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KIMI"「高いエンタメ度がキツさを楽しさに変える」
ダンス経験を活かした、魅せるパフォーマンスで高く支持されている銀座スタジオ所属のKIMI。人気のvol.3の制作裏話をはじめ、自身のプログラムへの想いから、その日常までを聞いた。
2019.05.07
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"AO" 「笑顔になるメンバー様の姿を見るのが大好き」
多くのメンバー様を笑顔にするために、パフォーマーとしての役目を日々考え続けるAO。そんな努力家AOがb-monsterへの想いを語った。
2019.04.25
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAORI" 「どんなにキツくても笑顔だけは絶対に忘れない」
全力パフォーマンスと溢れる笑顔で、満員のスタジオを沸かす池袋スタジオ所属のパフォーマー、SAORI。そのバイタリティと笑顔の背景には一体、何があるのか。普段、語ることのないその素顔に迫った。
2019.04.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "YUNO" 「栄メンバーと切磋琢磨して最高のスタジオに」
b-monster栄スタジオ オープニングメンバー「YUNO」インタビュー。オープニングメンバーとしても想いをお聞きしました。
2017.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NATSU" 「ポジティブになってもらえるように」
blackを担当するNATSUならではのブラックミュージックの魅力やレッスンの工夫についても話してもらいました。
2017.10.03