CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterメンバーの群像 vol.1 鶴岡 寛士様「やればやるほど打てるようになり楽しみ方が変わってきた」

MONSTERS | 2017.02.06
b-monsterお客様インタビュー鶴岡様

鶴岡 寛士さま (欧州車専門 自動車整備会社経営)

毎日のようにb-monsterへ通う鶴岡さん。お話を聞いていると50代とは思えない若さやスリムな体の理由が見えてきた。経営者ならではの視点でもb-monsterについて語っていただいた。

最初はすべてにおいて、ついていけず悔しい気持ちに

b-monsterお客様インタビュー鶴岡様

- b-monsterとの出会い

b-monsterオープンの案内を知り、無料クーポンをもらったので試しに体験したことがきっかけです。その頃は他の暗闇系フィットネスに通っており、そこそこ動ける自信はあったし、入会する気はなかったのですが、最初のレッスンで、サーキットトレーニング、ボクシングパート全てに全然ついていけず悔しい気持ちになりました。

ボクシングパートに関しては、最初は楽だなと思ったんです。でもそれは最初だけで、正しい打ち方を覚えていくとどんどんきつくなってきました。最初は正しい打ち方ができていなかったんですね。足・腰・腕と連動するように動いて、腰が回ってサンドバッグを強く打てるようになると少しの時間やるだけでヘトヘトになるようになりました。

他のフィットネスを通っていて動ける自信があったにも関わらず、b-monsterでは最初できないことが悔しくて一生懸命通いました。そうしたらどんどん上達し楽しくなり、筋肉がついてきた。他のフィットネスでは有酸素運動はできるけど、筋肉がつくプログラムが少なかったので、そこはb-monsterの本当に良いところ。今では他の暗闇系フィットネスはやめて、b-monsterに毎日通っています。

 

ボクシングはやればやる程打てるようになり、体の使い方が分かると楽しさが違ってきた

ボクシングはやればやる程打てるようになり、体の使い方が分かると楽しさが違ってきた

できるようになるまで1ヶ月ちょっとかかった気がします。基本の動作を覚えるまで時間がかかったけど、b-monster自体は4,5回やれば慣れて動けるようになるし、できるようになれば誰でも楽しいはず。

ボクシングに関しては、JOEさんのレッスンが勉強になって感謝しています。煽ってきたり厳しい事を言うレッスンではあるけれど、たくさんの人にボクシングの楽しさを伝えたいという想いが詰まった愛のあるレッスンです。尻を叩かれた方がやる気も出るし、JOEさんはボクシング経験者なので、ボクシングの基本動作すべて勉強になります。

基本動作ができれば、サンドバッグを強く打つ事もできるし、音楽に合わせてダンスする事もできる。そうすれば、誰のレッスンを受けても楽しくなります。

体の使い方を覚え、意識してやると効果が全然違う

b-monsterお客様インタビュー鶴岡様

50歳過ぎてからピラティスのプライベートレッスンも始めていて、そこで「自然な体の使い方」を教えてもらっているんだけど、ボクシングやサーキットトレーニングにも活きています。

フルプランク1つとっても、頭から足まで一直線にするという簡単な動作だけど、実は難しく奥が深い。両腕で体を支えるのでなく、体全体を使って両腕で地面を押しているという意識、その筋肉の使い方が実はパンチにつながる。

ボクシングのフォームやサーキットトレーニングについても、正しいフォームを意識してやると効果が違う。b-monsterでピラティスの先生とコラボしたレッスンとか企画してもらったら楽しいんじゃないかなと思っています。

b-monsterは進化のスピードが速くて、これからも何か面白いことをどんどんやってくれそうな会社だと思っています

b-monsterは会社自体もぶっ飛んでいると思う

b-monsterはインストラクターも個性的だし、会社自体も面白いなあと感じる。正しい打ち方を教えるために入会前の人に無料体験会をやったり、今度は新しいBOX MASTERというサンドバッグまで持ってくる。

なんでここまでするんだろうと思うけど、本当にお客様の事を考えていてすごい。

内装を見てもなんでこんなところ凝るんだろう?って思う部分がある。例えば、エレベーターの階を押すボタンのところをはげさせていたり、シャワールームのタオルバスケットまでカッコいい。

銀座スタジオは最初に入った瞬間からセンスが良いと思って感心した。青山スタジオに関しては最初マットが良くないと思ったけど、それもすぐ変えて改善するというからすごい。青山は銀座と大きくコンセプトを変えて緑を基調にしていたり、これからも何か面白いことをどんどんやってくれそうな会社だと思っています。

インストラクターはみんな努力している、だからこっちも頑張れる!

b-monsterのインストラクターはみんな努力している、だからこっちも頑張れる!

全てのインストラクターさんのレッスンを受けました。

MUSICAは辛さを感じさせなく楽しいのに、Fitbitで心拍数見ていると綺麗なラインで心拍数が上がっているのでビックリでした。それを伝えたら「狙ってやっているので、分かってくれて嬉しい」と言っていた。狙っているなんて本当にすごいことですよね。
それ以外もみんなプログラムも個性も違うので、インストラクターごとに違った楽しみ方があります。

  • 自然と躍らせてくれて楽しいHIRO
  • サーキットの基本フォームが勉強になるHIROKO
  • 女性憧れのナイスボディのMISAKI
  • つま先タッチジャンプのKAIYA
  • 美人なのに気さくなNANA
  • ピストルスクワットのLISA
  • いつも元気でタッチダウンなNATSU
  • イケメンでハイニーなHARU
  • フリーダムでお水どうぞのTATSUMI
  • またバービージャンプ?のANN
  • いつも元気でニコニコ、元気をもらえるAO
  • b-monsterで一番のセクシー、MARI

新人のインストラクターさんも最初は物足りなさを感じるところがあっても、1ヶ月すれば見違える位上達している。努力しているんだなと感心させられる。頑張っているインストラクターさんを見ているとこちらも頑張ろうとなるし、世代的にも子供みたいなものなので応援したくなりますね。

b-monsterは頑張っている人が集まる、元気になる場

b-monsterは頑張っている人が集まる、元気になる場

- 鶴岡さんにとってb-monsterはどういう場所ですか?

うーん、一言では難しいけど「元気になる場所」かな?銀座スタジオ来て、エレベーターが開いて受付入った瞬間元気になれる!ちょっとした風邪も治っちゃうもんね(笑)インストラクターもみんな努力しているし、このレッスンを続けている他の会員さん達も頑張っている方ばかり。何よりもスタッフの空気感が良いし、スタジオのデザインも魅力的。月最大の30回以上通っているので、今ではダブル会員になって毎日通っています。

最初にフィットネス通っていた頃は痩せてお腹の肉を取ることが目的だったけど、痩せた今ではかっこよく筋肉をつけたいと思ってる。50歳過ぎでも男はやっぱり筋肉に憧れるよね(笑)

BOX MASTERに打ち込む鶴岡さま
BOX MASTERに打ち込む鶴岡さま

- 編集後記

50歳を越えて人生の折り返しを感じ、何かやろうと考えたという鶴岡さん。50代でも30代に見えるこんなライフスタイルがあるんだと驚いた。活動の原動力はきっと、鶴岡さんの何事も楽しもうという姿勢や、いろいろ吸収して成長したいというマインドな気がする。鶴岡さんの体内年齢や脳年齢はどの位なのだろう。もしかしたら20代なのかもしれない。

サンドバッグに打ち込む鶴岡さま
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13