CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterメンバーの群像 vol.5 Makoto様「b-monsterは仕事前の入り口。生活の一部になってきました」

MONSTERS | 2017.03.13
b-monsterメンバーの群像に迫る。Makoto様

Makotoさま (弁護士)

b-monsterメンバーの群像に迫るvol.5は弁護士のMakotoさん。

50代半ばでb-monsterに入会し、すぐに惹き込まれたという。世界の銀座で法律事務所を開業し、夢中でやってきた20数年。今では中堅法律事務所として紹介やリピーターだけで仕事が来る存在になっているMakotoさんに、ライフスタイルにおけるb-monsterとの関係についてお伺いしてみた。

常に最高水準を提供したいという想いで、頂いた仕事は全力で取り組んでいます

常に最高水準を提供したいという想いで、来た仕事は全力で取り組む

ー仕事内容について教えてください。これまでの苦労話などあれば聞きたいです。

弁護士になってもうすぐ25周年、銀座で開業して22年です。頂いた目の前の仕事に夢中で取り組んできたので、苦労という感覚はありません。仕事が来たら全力でやる。採算などは考えず、一字一句にまでこだわって、常に最高水準の仕事を提供したいと思いながらやってきました。

常に最高水準を提供したいという想いで、来た仕事は全力で取り組む

弁護士の仕事は常に勉強も必要だし、頭も使いますが、体力勝負でもあります。若い頃は寝ないで仕事したこともよくありましたが、さすがに昔に比べると体力が落ちてきたと感じます。体力の衰えを感じたことも、b-monsterへ通う動機になりました。

元々ボクシングが好き。ドライバーが飛ばなくなってきたので下半身を鍛えたいと思い入会しました

元々ボクシングが好き。ゴルフも飛ばなくなってきたので下半身を鍛えたいと思い入会

b-monsterが事務所の近くにできたので気になって無料体験会に行きました。無料体験会では実際のプログラムは10分しかないのに、全くついていけず無理だと感じましたが、その後トライアルレッスンを受講した時に、ペース配分を気をつけながらやることで多少できるイメージがわきました。

元々格闘技、中でもボクシングが大好きでやってみたいと思っていたところでした。ゴルフはかなり真剣にやっておりますが、最近ドライバーが飛ばなくなってきたので、もう少し下半身を鍛えたいと思い、入会することに決めました。

b-monsterには週3,4回 朝の時間帯に通っています

b-monsterには週3,4回 朝の時間帯に通っています

b-monsterには平日朝8時位の時間帯に通っています。事務所が9時半からなのでちょうどいいんです。週3,4回通っていて、仕事前の入り口、ワンステップという感じで、生活の一部になってきました。

通うようになってきてから毎日体重と体脂肪を計るのが習慣になっています。1か月半で体重は約3kg、体脂肪率は3,4%減りました。お腹も割れてきて、明らかに体の変化を感じています。

いろいろなインストラクターのレッスンを受けていますが、通う時間帯的にANNのレッスンを受けることが多く、プログラムは全部覚えています。ANNのレッスンはバービージャンプが多いのが特徴です。ペース配分気をつけないと、ついていくのはしんどいですね。

元々ボクシングが好きだったので、動きや打ち方がもっと分かるといいですね

b-monsterには週3,4回 朝の時間帯に通っています

ーこれからb-monsterに期待したいこと

期待したいことが大きく2つあります。1つ目は新しいメニューをどんどん開発して欲しいです。毎日通っているので違ったバリエーションが出てきた方が新しい刺激があって継続しやすいと思っています。2つ目はボクシングの本格的なメニューもあると嬉しい。やはりボクサーに習うトレーニングは全然効果が違う。元々ボクシングが好きだったので、動きや打ち方がもっともっと分かるといいですね。

b-monsterメンバーの群像に迫る。MS様
b-monsterメンバーの群像に迫る。MS様

- 編集後記

「紳士」という言葉がよく似合うMakotoさん。受付スタッフにも笑顔で挨拶してくれるフレンドリーな一面がある。事務所の内装も全て自分で決めるというこだわりを持ち、仕事もb-monsterも1つ1つ全力で当たる。ボクシングもちゃんとやりたいというMakotoさんにとって、1つ1つ全力で当たることは「特別」なことではなく、これまでも継続してきた「習慣」なのだろう。継続できる正しい習慣を持っている人は強い。Makotoさんの取材を通じて、せっかくなら一生役に立つ習慣を手に入れたいと感じた。

b-monsterメンバーの群像に迫るmakotoさま
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13