CONNECT WITH B-MONSTER

MEETUP b-monster vol1. 佐藤由紀さま体験レポート

MONSTERS | 2017.02.14

今回、b-monsterを体験していただいたのは、事務のお仕事をしている佐藤由紀さま。 普段はほとんど運動していないという佐藤さんですが、きっかけがあれば運動習慣をつけられればいいなと思っていたとのこと。 今回は青山スタジオでインストラクターKAIYAのレッスンをトライアル受講していただきました。

今回b-monsterをトライアルしていただいた佐藤さん

今回b-monsterをトライアルしていただいた佐藤様

「ボクシング経験もないしできるかな?」と少し不安そうにしていた佐藤さんですが、青山スタジオに入る前の壁画を見て、少し期待と興奮が高まってきたようです。

緑溢れるスタイリッシュなスタジオ

b-monster青山スタジオ入り口

緑あふれる開放的な空間にびっくりされたご様子。草木は本物。大迫力です。 佐藤さんもテンション高く、興味津々で壁にある草木に触っていらっしゃいました。ボクシングと聞くと男らしいイメージかもしれませんが、内装もスタイリッシュなので女性のお客様の方が多いんです。

トライアル時のレンタルウェアは借りられるので、身軽に足を運べます

b-monster青山スタジオ受付
b-monster青山スタジオ受付
※1 ポラールについて詳しく知りたい方は、こちらをご参照下さい。
※2 青山スタジオでもシューズは2017年2月後半から不要となる予定です。

持ち物は替えの下着と靴下だけで大丈夫です。トライアルの時はレッスン着をお貸しするので、仕事に行く前や帰りも身軽に足を運べるようになっています。

ボクシング選手のロッカーのような本格的なロッカールーム

b-monster青山スタジオロッカールーム

男性ロッカールームは1階、女性ロッカールームは地下1階です。上記の写真の右奥が女性のロッカールームです。

b-monster青山スタジオロッカールーム

明るすぎない照明に、低めの長いす・・・。選手のロッカーのような雰囲気。ここにも、b-monsterのこだわりを感じます。この椅子に座って、前屈みにバンテージを巻くと気合いが入ります。

b-monsterポラールとボクシンググローブ

ポラール(本体)とボクシンググローブは、レッスン場入り口すぐの所にあります。

いよいよスタジオ内へ。レッスン開始前。バンテージの巻き方と、ボクシング指導

KAIYAさんにバンテージの巻き方を教えてもらいました

まず、スタジオに入ったら、自分が予約した番号のサンドバッグの場所に向かいます。(初回の方はインストラクターのよく見える位置で予約すると分かりやすいと思います。)

スタジオはクラブのような空間。初めてサンドバッグを見る方はびっくりされています。バンテージの巻き方やボクシングの打ち方は、インストラクターの人に教えてもらえます。

レッスン開始。スタートからハードな、腕立て、腹筋、バービージャンプ、ハイニーといったサーキットトレーニング

サーキットトレーニングで腕立てするKAIYA

腕立て、腹筋、バービージャンプ、ハイニーなどを音楽に合わせて行います。b-monsterは、はじめから容赦のないプログラム。初回ですとほとんどの人がここですでについていくのが難しくなります。自分のペースで、できる限りベストを尽くしてチャレンジしてください。チャレンジして乗りこえると達成感が味わえます。日常では味わえない楽しさがあります。

暗闇の中でアップテンポな音楽にのるのが楽しい。シャドーボクシング、サンドバッグ打ち

いよいよ初めてのボクシング

「ジャブ、ジャブ、クロス」といった掛け声や音楽に合わせてサンドバッグを叩きます。リズムにのって打ち込むのは爽快で、とても気持ちが良いです。初めは上手くきまらないことも多いと思いますが、徐々に慣れていくので、自分が思うように打ち続けてみて下さい。また、ここで上手く打てるようになると消費カロリー数が上がるなど得点もついてきます。平均値500カロリーを超える気持ちで頑張ってみて下さい。

ポラールの結果
途中で休憩を挟みつつ、レッスンは続きます。 佐藤さんのポラールの画面の消費カロリーは、平均500カロリーを優に超えて650カロリーにまで達していました。 本当にお疲れ様でした。マラソンは45分で消費カロリー300カロリー位です。効率のいいボディーメイクが期待できます。 佐藤さんも「消費カロリーや有酸素運動のグラフがリアルタイムで出るので、がんばらなきゃって思えます!」 とおっしゃっていました。

45分のレッスン終了

45分のレッスン終了

レッスンを終えた佐藤さん。「レッスンは思ってた以上にハードでした笑。」「こんなに汗をかいたのは久しぶり」とおっしゃっていました。みなさん汗の量にビックリされると思います。

45分のレッスン終了
シャワールームにはシャンプーリンス、ボディーソープ、洗顔料がそろっています。 ドライヤー、コットンなどのアメニティも揃えています。

トライアルを終えた感想

45分のレッスン終了

「困っているとイケメンのお兄さんがその都度優しく教えてくれるので楽しく最後までやることができました。あと、音楽もアップテンポでモチベーションが高いままレッスンできました! 続けていくと身体も動くようになってもっともっと楽しくなるんだろうなぁって思います!これからが楽しみです♪」

KAIYAさんとの記念撮影

これからトライアルをする方へ

入館時間について

  • 初回説明等させていただきますので、レッスン開始の20分前にご入館ください。
  • 「レッスン開始10分前」を過ぎてからのご入館はお断りさせていただいておりますので予めご了承ください。
  • お時間に余裕をもってご来店いただきますようにお願いいたします。
  • レッスン開始時刻を過ぎてからのスタジオ入室は固くお断りさせていただいております。

キャンセルについて

ご都合が悪くなられましたら、30分前までにマイページよりキャンセル手続きを行ってください。キャンセル手続きをせずに予約したレッスンを受講されなかった場合「無断キャンセル」とさせていただいております。無断キャンセルの確認はトップページからログインし、マイページにてご確認下さい。
トップページ:https://www.b-monster.jp/mypage/
※お電話・お問い合わせメールによる予約キャンセルは、承っておりません。

持物について

  • 替えの下着
  • 靴下
  • (メガネの方はコンタクト持参をお勧めします。)

b-monsterが気になった方はまずはトライアルを予約して、体験してみて下さい。無料体験会のご用意もあります。 ご予約はこちらから。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08