CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」

MONSTERS | 2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。

キックボクシングの世界からb-monsterへ

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

b-monsterの入社前は、働きながらキックボクシングをやっていました。K-1の魔裟斗や山本“KID”徳郁の現役時代を見てきたので、ずっと格闘技がやりたかったんです。

そこで「どうせやるなら本格的に」と思い、魔裟斗のジム(シルバーウルフ)に入門してキックにハマり、アマチュアの大会にも出場しました。

b-monsterとの出会いは、知人に誘われてプログラムを受けたことがきっかけです。暗闇でボクシングをやることまではわかっていたんだけど、一人ひとりを奮起させるパフォーマーの姿に魅了されて、「自分もステージに立ちたい」と思いました。

45分がエンターテイメントに変わった瞬間

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

ぼくは一度ステージに立ったら、とにかく「楽しむ」ことを意識しています。それは現在までずっと変わっていないスタイルです。

ある意味バカだったから助かったというか、そもそもテストに受かると思っていなかったので、プレデビューの日はまったく緊張せずに、本当に自分の好きなようにやりました。

いまでも鮮明に覚えているんですけど、序盤のサーキットパートがうまくいって、「今日は調子が良いな」と思ったときに、シャドーパートでSuchmos(サチモス)の『YMM』を歌ったんです。

アーティストが日本人か外国人かすら知らなかったのに、かなりテンションが上がっていたんでしょうね。それからはクセになって、同じパートでは毎回歌うようになりました。

YUUHIのプログラムの特徴

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

いまはvol.1からvol.3のプログラムを持っているんですけど、曲は本部の方に選んでもらいました。

vol.1は「楽しさ」に特化したプログラムで、腹筋強化がメインです。基本動作が一通りできるので、トライアルに参加される方やとにかく元気になりたいメンバー様におすすめです。

vol.2は「キツさ」に挑戦するプログラムで、下半身強化がメインです。メンバー様により楽しんでいただけるよう、まず自分が楽しめるようにしています。コリオの動きが難しくなっているので、初見だとちょっと難しいんですけど、翌日にしっかり効いてくるのでトレーニングには最適です。

vol.3は、キックボクシングで教わったステップを取り入れたりしています。ボックスマスターの場合は1番2番にジャブクロス、バウンス、バウンス、右にステップして4番にクロスが異常にハマるんです。

メンバー様の心と身体を元気にしたい

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

プログラム中は、とにかくメンバー様に声を掛けるようにしています。中には後列で1人黙々と参加されるメンバー様もいるかと思いますが、自分はそれをわかったうえで、あえて3列目・4列目に行くこともあります。

プレッシャーになるかもしれないんですけど、一人ひとりに声を掛けることによって、とにかく最高に楽しんで、元気になってほしいと考えているからです。

たとえば「嫌なことがあったけど、プログラムに出たら忘れちゃった」とか、身体だけではなく心へのアプローチこそ意味がある気がしていて、b-monsterのパフォーマーの存在意義はそこにあると思っています。

ただスタイリッシュに暗闇でボクシングを見せるだけだったら、メンバー様のメリットは薄い気がするし、もしそこだけを軸にしているパフォーマーがいるとしたら、ぼくは負ける気がしませんね。

理想のプログラムの追求は終わらない

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

目先の目標はやっぱり、自分の好きな曲でプログラムをつくることです。

勝手な感覚ではあるんですけど、vol.1とvol.3のテイストを組み合わせたものを、自分の選曲でvol.4としてリリースできれば、メンバー様に「ダントツでvol.4が好き」と言っていただける自信があるんです。

またvol.4を自分の好きな形でドカンと出したあと、vol.5はどんなテイストにするのがハマるのか。逆にガラッと変えてもいいなとか。そういうことは常に考えています。

ぼくが今後どうなっていくかは自分でもわからないので、どんな破天荒な方向に行くか、一緒に楽しんでいきましょう。

切磋琢磨できるパフォーマー

b-monsterパフォーマーの横顔yuuhi

恵比寿スタジオ時代から、パフォーマーのKさんとはとくに仲良くさせてもらっています。何も考えていないような楽観的なところが、ぼくと似てるんです。

彼は半年先輩なんですけど、質問すると嫌がるそぶりを一切見せずに、スタジオでの振る舞い方とか、個々のメンバー様へのアプローチの仕方とか、かなりマニアックなアドバイスをしてくれます。

休みの日は2人で遊ぶこともあるし、SOHさんを入れて3人で遊ぶこともよくあります。ぼくとKさんはお酒をあまり呑まないので、カフェでコーヒーを飲んでしゃべったり、カラオケに行ってしゃべったり、高校生みたいな遊び方をしています(笑)。

1人のときは、身体が衰えないように鍛えているんですけど、最近はまたキックボクシングへのモチベーションが高まってきているので、どこかのジムに通おうかなと思っています。

ライター:Toru Miyahara Editor / Media Producer
大学卒業後、旅行誌の記者として北米・アジア・中東エリアの取材を経験。現在は都内のIT企業に所属し、複数のメディア運営・企業ブランディングなどに従事する。平日早朝から週3日ほどb-monsterに通うファンでもある。好きなプログラムは、NALU vol.2とSAORI vol.1。さらなる高みを目指してHARDプログラムに挑戦中。
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08