CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔 "TATSUMI" 「伝えることの難しさ」の先に

MONSTERS | 2017.07.30
パフォーマーTATSUMI

2017年3月からプログラムチーム配属となったTATSUMI。パフォーマーを育てる立場になった彼女の、過去・現在・未来について話を伺った。

1年間アルバイトでお金を貯めてダンスの専門学校に

1年間アルバイトでお金を貯めてダンスの専門学校に

ー 高校時代

静岡県浜松出身で、高校時代はダンス部に所属していました。 卒業後もダンスをやりたいと思い、ダンスの専門学校へ行くために1年間アルバイトをしてお金を貯めました。 高校時代から続けていたマクドナルドでのバイトに加えて、工場で派遣の仕事。 工場では単純作業ではなく重い台車を運ぶような力仕事だったので、体力強化にもつながる経験ができました。

ー ダンス専門学校

アルバイトで貯めたお金と奨学金を使って、念願のダンス専門学校へ入学。そこで上京しました。 学校ではヒップホップ・モダンジャズ・ハウス・ロック・ブレイク・タップダンスなどオールジャンルのダンスを学ぶことができましたが、私はヒップホップが一番好きでした。 同級生は卒業後、ダンスのインストラクターを目指したり、USJやサンリオなどのバックダンサーやツアーダンサーになる人が多かったのですが、私はネットで求人を探している時に「暗闇ボクシング」のオープニングメンバー募集というのを目にして、そこでb-monsterに応募しました。

一生懸命の姿勢を大切に

1年間アルバイトでお金を貯めてダンスの専門学校に。パフォーマーTATSUMI

b-monsterの面接で「ボクシングトレーナーの真似してパンチ打ってみて」と言われ、パンチを見てもらう機会があったんです。 ボクシングをしたことはありませんでしたが、トレーナーさんの動きを全身くまなく見て真似して打ちました。 それこそ足の先のヒールターンまで真似をして。もしかすると、その時の一生懸命な姿勢が合格につながったのかもしれません。 一生懸命の姿勢だけは昔から負けないようにと思っていましたし、これからも大切にしていきたいと思っている部分です。

デビュー前はきつい毎日

デビュー前はきつい毎日。パフォーマーTATSUMI

まだb-monsterオープン前の2016年4月入社。オープニングメンバーとして集まったのはとてもすごい人ばかりで、ボクサー、パーソナルトレーナー、暗闇フィットネスのインストラクター経験者など。 最初は筋トレ中心の体力作りやボクシングフォームの確認をする毎日。 私はそれまで腕立て伏せも正しいフォームでは1回もできず、周りのすごい人達との差に危機感を感じていました。 みんなよりできない分、帰ってからも体力付けるために走ったりもして、本当にきつくてしんどい毎日だったことを覚えています。

ー NYへの研修

入社して間もないまだ4月の後半。「NYへ行ってきて」と言われて、当時のインストラクター達と一緒に6日間研修へ行きました。 初めてのNY、みんな自由だし、マンハッタンは、道一本違うだけでオシャレでクールな場所とデンジャーな場所が隣り合わせになっている街。向こうの暗闇フィットネスはとてもクールで刺激的で、全てが新鮮に感じて本当に勉強になりました。 入社してすぐにNYへ研修へ行けるなんて「すごい会社に来てしまったな」という驚きがありましたね(笑)

b-monsterはお互い高め合える、良い仲間に恵まれている場所

b-monsterはお互い高め合える、良い仲間に恵まれている場所。パフォーマーTATSUMI

最初に作ったプログラム(Vol1)は、クラブ好きな人たちが盛り上がりそうな曲で、かつ自分自身が好きでアガっていける曲で構成しました。 自分が楽しめないとみんなも楽しめないと思ったので、とにかく自分自身が夢中で楽しめるプログラムにしようという意図がありました。

Vol2ではリズムも大事だと思い、より速いパンチを繰り出せるような曲も含めるよう変えていきました。 「レッスンでは緩急も大事だよ」と周りのインストラクターからもアドバイスを頂けたおかげです。 b-monsterは周りの方が助言もくれるし、注意もしてくれる。言ってくれる仲間というのは本当に大事。お互い高め合えるし、良い仲間に恵まれた職場環境に心から感謝していて、b-monsterのことが本当に大好きです。

育てる立場になってからは、伝え方の難しさに直面

1年間アルバイトでお金を貯めてダンスの専門学校に。パフォーマーTATSUMI

2017年3月途中からプログラムチームに配属となり、パフォーマーを育てる立場になりました。 自らレッスンを担当している時は「お客様にどう楽しんでもらえるか」だけ考えていましたが、育てる立場になってからは伝え方の難しさに直面しています。 私は言葉が下手だなって感じ、いつもどうしたらうまく伝わるかな?という点で頭の中が一杯です。

2017年3月途中からプログラムチームに配属となり、パフォーマーを育てる立場になりました。パフォーマーTATSUMI

朝から晩まで一緒に研修していると本当の家族みたいな感覚になります。 自分のことよりもみんなのことが気になる。心配もするし、心の底から応援もする。 研修したパフォーマーがデビューできた時は本当に嬉しい。でも、デビューはゴールではなくスタートなので、「これからもっと頑張れ!」と心の中で祈っています。

朝から晩まで一緒に研修していると本当の家族みたいな感覚に。パフォーマーTATSUMI

よりスタイリッシュでクールなb-monsterに向かって

b-monsterの研修チームとして、これからよりパフォーマンスのクオリティを高める部分に力を入れようと話しています。 もちろん個性も必要だし、冒険も必要だけど、きちんとしたフォームだったり、b-monsterのブランドとしてのスタイリッシュさやクールさも磨いていく必要がある。 目指すところは、どの会員さんから見ても「b-monsterはかっこいい」と言われるところ。

よりスタイリッシュでクールなb-monsterに向かって。パフォーマーTATSUMI

b-monsterでの仕事は新しいことも多く、企画の規模も大きい。この会社だからこそできることが多く、仕事を通じてたくさんの学びと刺激をもらっています。b-monsterでの仕事は本当に無限大。これから店舗も増えていくので、挑戦心あるポジティブな仲間が増えると嬉しいと思っています。

ー編集後記

小さい頃の夢を聞いたところ、"倖田來未のバックダンサーになること"という回答が来た。小さい頃から「くーちゃんの後ろで踊りたい」と言っていたそうだ。「今もこれからも踊っていたい。なぜかというと"好きだから"」。ダンスをきっかけに、b-monsterの仕事に出会い、今も好きを仕事にしているTATSUMI。心から好きなことをしているから、壁が立ちはだかってもいつも笑顔でいられるのかもしれない。

パフォーマーTATSUMIスマイル
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LINQ"「限界突破すれば新しい自分が見えてくる」
豊かな表現力と独創性あふれるプログラムで人気のパフォーマーLINQ。スタジオ内を駆け回り、動き、踊り、熱く鼓舞する。華やかで明るいイメージの彼女だが、日々苦悩する時期があったとか。普段は語られない彼女の内面とプログラムへの想いを探った。
2020.06.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TAISEI"「自分に妥協せず、1日の45分間だけ全力を」
爽やかな表情を見せながら、スタジオ内をひたすら駆け回り続ける恵比寿スタジオのパフォーマーTAISEI。彼は学生時代、走り高跳びで日本一という輝かしい実績を持つ。そんな彼がプログラムを受ける上で、大事にして欲しいものとは何か? プログラムへの想いとともに聞いた。
2020.06.16
b-monsterパフォーマーの横顔“CALA”「楽しむポイントを見つけ出すことが目標達成の鍵」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“CALA”「楽しむポイントを見つけ出すことが目標達成の鍵」
クールな面を持ちながらアグレッシブなプログラムで注目のパフォーマー、CALA。研修中に膝を故障し、フロントスタッフとして勤めた後、ようやくパフォーマーへ辿り着いた。彼女はどのように逆境を跳ね返していったのか。胸に抱き続けてきたb-monsterパフォーマーへの想いを熱く語ってもらった。
2020.06.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"ERISA"「自分を追い込めば、結果は目に見えて表れる」
穏やかな笑顔を浮かべながら、スタジオ中を隅々まで駆け回るアクティブなERISA。彼女はメンバーとして2年間、足繁くプログラムに通い、その後にパフォーマーへと転身した。果たして彼女をかき立てたものとは何か。原点を追った。
2020.06.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RR!"「プログラムは新しい自分との出会いの場」
長い髪をなびかせながら、歌い、踊り、そして叫ぶ。長年にわたるダンス経験を生かし、エモーショナルで躍動感のあるパフォーマンスでスタジオを熱狂させるRR! いつも明るく華やかな笑顔とその激しい姿の裏側にあるものとは。彼女の思いを聞いた。
2020.06.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SMINE"「暗闇の空間は自分を変えてくれる」
穏やかな雰囲気と爽やかな笑顔で愛されるSMINE。今年2月にリリースしたオリジナルのK-POPプログラムが好評で勢いに乗る彼女だが、デビュー前はテストで3回失格した落ちこぼれだったとか。そんな悩み苦しんだ日々から現在までを振り返ってもらった。
2020.06.08
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26