CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"SAYA"「キツさを楽しめるようになればこっちのもの!」

MONSTERS | 2019.10.18
b-monster saya

キレのある動きと元気で大きな声でスタジオ中をリードするSAYA。そんな彼女は人懐っこい笑顔を浮かべながら「一番受けて欲しいのはHARD」だと言い切る。激しいプログラムへ寄せる熱い想いを聞いた。

高校時代は春高バレーに出場

b-monster saya

愛媛県で生まれ、小学校三年から高校三年までの約10年間、ずっとバレーボールをやってました。ポジションはリベロです。特に高校は愛媛で一番の強豪校で、練習は毎日、死にそうなくらいハード。でもその甲斐あって、インターハイや春高バレーにも出場できました。たまにちゃらちゃらして見られますけど、「やる時はやる!」タイプです(笑)。

高校卒業後は上京し、スポーツの専門学校に通い、インストラクターを目指しました。兄がトレーナーをやっていたこともあって、自分もスポーツ関係の仕事をしたかったんです。b-monsterはネットで見て、そのオシャレな雰囲気に惹かれ、応募しました。じつは専門学校を卒業した後、あるスポーツジムに就職が決まっていたんです。でも考えていたのと違っていて、入社式の一週間前に辞退しちゃって。b-monsterへの応募は、そんな時期だったんですけど、幸いにも採用をいただきましたね。

「お祭り女」と呼んでいただきました

b-monster saya

2017年7月のデビューで、当時は新宿スタジオの所属です。b-monsterホームページのパフォーマー紹介欄に、当時の写真が載ってますけど、いま見ると髪が長いし、すごく幼い(笑)。その頃、新宿スタジオにいたのはNATSUさん、AOさん、KAIYAさんら。私は最年少ってこともあり、妹のように可愛がってもらいました。最初のプログラムも事前に練習をしっかりやっていたので、落ち着いてできました。

2018年3月に青山スタジオに移動になって、今日に至るわけなんですが、自分の中で大きな自信になったのは昨年の10月。ピンクリボン、クリード2、ハロウィンと、イベントプログラムを立て続けに三つ受け持ったことですね。担当が怪我などでできなくなったこともあって、出番がまわってきたんですけど、正直、かなりキツくて! 何しろ1ヶ月間に3本ですからね。でも「お祭り女」と呼んでいただき(笑)、自分の中に火が着いたのと、メンバー様に楽しんでもらいたい一心で、全力でやり切りました! コリオ作りも当時、店長のMUSICAさんに力をお借りて。大変でしたけど、おかげで目の前の視界がものすごく広がりました!

先輩の移動と元気な後輩たちが刺激に

b-monster saya

あと自分の転機としては、今年の春もそうですね。ずっと青山にいた先輩パフォーマーが移動となり、自分が上の立場に。また元気な後輩が次々入ってきたこともあって、それまでになく強い気持ちが湧きました。ずっとがむしゃらにやっていたんですが、もうそれだけじゃいけない。パフォーマーとしてのあり方も、プログラム内容ももう一度、すべて見つめ直して。自分で言うのもなんですが、一皮剥けた気がします。

プログラムでは、元気いっぱいに動き、声を出す

b-monster saya

いま私が担当するプログラムは三つです。vol.1はスタンダードな内容。特にサンドバッグパートでは、複雑なコンビネーションはなく、パンチが打ち込めるので、初心者はここからトライしてみてください。サーキットパートはスクワットやタッチダウンなど下半身に効く動きが多めです。

vol.2は、ウエストに効くプログラム。サーキットパートでは、クランチ、ツイストが多め。サンドバッグパートでもシットアップしながらのパンチもあります。続けて受けていただくうち、腹筋が割れてくるはず。

HARDはキツさ重視のプログラムです。サーキットパートとサンドバッグパートが2回ずつありますが、2回目のサーキットでは、ハンズジャックスからのシザーズプッシュアップやハイジャンプからのマウンテンクライマーなど強度の高い動きが出てきます。是非、挑戦してみてください。

プログラムでは元気いっぱいに動くことを意識しています。プログラムをわかりやすくしたいのと、それを煽る代わりにもしたくて。あと私自身、b-monsterのプログラムを受けますけど、一緒に動いてくれるパフォーマーのほうが頑張れるし、楽しいんですよね。自分もメンバー様にそんな気持ちになってもらえるよう毎回、全力を出しています。

またキューイングにもこだわっています。はっきり、わかりやすくする以外に強弱をつけたり、タイミングをはかったり。合間には「ヘイヘイヘイ!」と煽ることが多いんですけど、それはプレッシャーをかけるのではなく一緒に頑張りましょう!って気持ちから。キューイングはメンバー様とのコミュニケーションそのものです。

キツイことはじつは楽しい

b-monster saya

私がこんな風に動くことやキューイングにこだわる理由は、キツいことが楽しいことなんだと感じてほしいから。じつを言えば私が一番受けていただきたいプログラムはHARDなんです。確かにキツくて、辛いかもしれません。でもそれだけに、終えた後の達成感は、皆さんが想像する以上です。もちろん運動効果も抜群。私もHARDを担当してから体力や体型が大きく変わりました。キツさを楽しめるようになればこっちのもの、どんなプログラムでだっても楽しくできるようになります!

休みの日はジッとしていられない

b-monster saya

休みの日は、学生時代の友達やパフォーマー仲間と出かけます。ご飯にいったり、遊園地に行ったり、フェスやクラブにも行きますね。逆に家でジッとしていることは、ほとんどありません。遊び以外ではジムに行って、体を鍛えたりもします。

それと、最近は行ってないけど、カラオケも大好き。特に倖田來未の歌は昔からすごく得意です。また意外に思われますが、山口百恵の歌も歌ったりします。一番好きなのは「プレイバック Part2」(笑)。

パフォーマーとしての今後は、やはり新しいプログラムをリリースすることが目標。特にHARDを越えた、ULTRA HARDなプログラムは是非やりたいです。あ、もちろんただキツイだけではなく、最高に楽しい内容のものですけどね。いずれにせよ、キツいことさえも全力で楽しみ、それこそ毎日がお祭りのような気分で、メンバー様とb-monsterライフを送っていきたいです。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Tomoki Ohno
音楽制作会社、カルチャー誌での勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに転職。現在は雑誌やウェブサイトなどで、音楽をはじめエンタメ、スポーツ、飲食などの記事を執筆。b-monsterは、約2年にわたって週3~4日ほど通っている。

撮影: Toshimasa Takeda
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MERU"「メンバー様を全員応援したい」
学生時代から人前に立ち、自分を磨いてきたパフォーマー"MERU"。舞台をb-monsterに変えた1年は、自身にどのような変化をもたらしたのか。銀座スタジオでの試行錯誤の日々を振り返ってもらった。
2019.12.24
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
スタジオ内を所狭しと走り回り、元気なパフォーマンスで魅了するNIKA。意外にもデビュー当時の彼女はプログラムに苦しんだとか。彼女を変えたものは何か。これまでを振り返ってもらった。
2019.12.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KATE"「心を強くする45分間」
愛らしい表情からは想像のつかないアクティブなパフォーマンスで人気のKATE。自信の持てない彼女は研修時代からパフォーマーになったばかりの頃まで、いつも泣いてばかりいたという。それがどうして今のように明るく、前向き姿に生まれ変われたのか。軌跡を辿った。
2019.12.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LUA"「Live now of the moment 100% 今の一瞬を100%で生きる」
プログラム中、早いビートで軽やかなステップを取り入れることで、まるでダンスをしているかのようなLUA。栄スタジオのオープニングメンバーとしてデビューを果たした彼女の想いに迫った。
2019.12.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KENT”「最高の45分間を熱い気持ちのままに」
見事な筋肉を躍動させ、雄叫びを上げながらスタジオ中を駆け回る。一見クールなその風貌とは裏腹の熱いプログラムで人気の大宮スタジオ・パフォーマーKENT。彼の素顔に迫った。
2019.12.05