CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"SAYA"「キツさを楽しめるようになればこっちのもの!」

MONSTERS | 2019.10.18
b-monster saya

キレのある動きと元気で大きな声でスタジオ中をリードするSAYA。そんな彼女は人懐っこい笑顔を浮かべながら「一番受けて欲しいのはHARD」だと言い切る。激しいプログラムへ寄せる熱い想いを聞いた。

高校時代は春高バレーに出場

b-monster saya

愛媛県で生まれ、小学校三年から高校三年までの約10年間、ずっとバレーボールをやってました。ポジションはリベロです。特に高校は愛媛で一番の強豪校で、練習は毎日、死にそうなくらいハード。でもその甲斐あって、インターハイや春高バレーにも出場できました。たまにちゃらちゃらして見られますけど、「やる時はやる!」タイプです(笑)。

高校卒業後は上京し、スポーツの専門学校に通い、インストラクターを目指しました。兄がトレーナーをやっていたこともあって、自分もスポーツ関係の仕事をしたかったんです。b-monsterはネットで見て、そのオシャレな雰囲気に惹かれ、応募しました。じつは専門学校を卒業した後、あるスポーツジムに就職が決まっていたんです。でも考えていたのと違っていて、入社式の一週間前に辞退しちゃって。b-monsterへの応募は、そんな時期だったんですけど、幸いにも採用をいただきましたね。

「お祭り女」と呼んでいただきました

b-monster saya

2017年7月のデビューで、当時は新宿スタジオの所属です。b-monsterホームページのパフォーマー紹介欄に、当時の写真が載ってますけど、いま見ると髪が長いし、すごく幼い(笑)。その頃、新宿スタジオにいたのはNATSUさん、AOさん、KAIYAさんら。私は最年少ってこともあり、妹のように可愛がってもらいました。最初のプログラムも事前に練習をしっかりやっていたので、落ち着いてできました。

2018年3月に青山スタジオに移動になって、今日に至るわけなんですが、自分の中で大きな自信になったのは昨年の10月。ピンクリボン、クリード2、ハロウィンと、イベントプログラムを立て続けに三つ受け持ったことですね。担当が怪我などでできなくなったこともあって、出番がまわってきたんですけど、正直、かなりキツくて! 何しろ1ヶ月間に3本ですからね。でも「お祭り女」と呼んでいただき(笑)、自分の中に火が着いたのと、メンバー様に楽しんでもらいたい一心で、全力でやり切りました! コリオ作りも当時、店長のMUSICAさんに力をお借りて。大変でしたけど、おかげで目の前の視界がものすごく広がりました!

先輩の移動と元気な後輩たちが刺激に

b-monster saya

あと自分の転機としては、今年の春もそうですね。ずっと青山にいた先輩パフォーマーが移動となり、自分が上の立場に。また元気な後輩が次々入ってきたこともあって、それまでになく強い気持ちが湧きました。ずっとがむしゃらにやっていたんですが、もうそれだけじゃいけない。パフォーマーとしてのあり方も、プログラム内容ももう一度、すべて見つめ直して。自分で言うのもなんですが、一皮剥けた気がします。

プログラムでは、元気いっぱいに動き、声を出す

b-monster saya

いま私が担当するプログラムは三つです。vol.1はスタンダードな内容。特にサンドバッグパートでは、複雑なコンビネーションはなく、パンチが打ち込めるので、初心者はここからトライしてみてください。サーキットパートはスクワットやタッチダウンなど下半身に効く動きが多めです。

vol.2は、ウエストに効くプログラム。サーキットパートでは、クランチ、ツイストが多め。サンドバッグパートでもシットアップしながらのパンチもあります。続けて受けていただくうち、腹筋が割れてくるはず。

HARDはキツさ重視のプログラムです。サーキットパートとサンドバッグパートが2回ずつありますが、2回目のサーキットでは、ハンズジャックスからのシザーズプッシュアップやハイジャンプからのマウンテンクライマーなど強度の高い動きが出てきます。是非、挑戦してみてください。

プログラムでは元気いっぱいに動くことを意識しています。プログラムをわかりやすくしたいのと、それを煽る代わりにもしたくて。あと私自身、b-monsterのプログラムを受けますけど、一緒に動いてくれるパフォーマーのほうが頑張れるし、楽しいんですよね。自分もメンバー様にそんな気持ちになってもらえるよう毎回、全力を出しています。

またキューイングにもこだわっています。はっきり、わかりやすくする以外に強弱をつけたり、タイミングをはかったり。合間には「ヘイヘイヘイ!」と煽ることが多いんですけど、それはプレッシャーをかけるのではなく一緒に頑張りましょう!って気持ちから。キューイングはメンバー様とのコミュニケーションそのものです。

キツイことはじつは楽しい

b-monster saya

私がこんな風に動くことやキューイングにこだわる理由は、キツいことが楽しいことなんだと感じてほしいから。じつを言えば私が一番受けていただきたいプログラムはHARDなんです。確かにキツくて、辛いかもしれません。でもそれだけに、終えた後の達成感は、皆さんが想像する以上です。もちろん運動効果も抜群。私もHARDを担当してから体力や体型が大きく変わりました。キツさを楽しめるようになればこっちのもの、どんなプログラムでだっても楽しくできるようになります!

休みの日はジッとしていられない

b-monster saya

休みの日は、学生時代の友達やパフォーマー仲間と出かけます。ご飯にいったり、遊園地に行ったり、フェスやクラブにも行きますね。逆に家でジッとしていることは、ほとんどありません。遊び以外ではジムに行って、体を鍛えたりもします。

それと、最近は行ってないけど、カラオケも大好き。特に倖田來未の歌は昔からすごく得意です。また意外に思われますが、山口百恵の歌も歌ったりします。一番好きなのは「プレイバック Part2」(笑)。

パフォーマーとしての今後は、やはり新しいプログラムをリリースすることが目標。特にHARDを越えた、ULTRA HARDなプログラムは是非やりたいです。あ、もちろんただキツイだけではなく、最高に楽しい内容のものですけどね。いずれにせよ、キツいことさえも全力で楽しみ、それこそ毎日がお祭りのような気分で、メンバー様とb-monsterライフを送っていきたいです。

 
b-monster.fit 未来を変えるパフォーマー募集
ライター:Tomoki Ohno
音楽制作会社、カルチャー誌での勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに転職。現在は雑誌やウェブサイトなどで、音楽をはじめエンタメ、スポーツ、飲食などの記事を執筆。b-monsterは、約2年にわたって週3~4日ほど通っている。

撮影: Toshimasa Takeda
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYA"「キツさを楽しめるようになればこっちのもの!」
キレのある動きと元気で大きな声でスタジオ中をリードするSAYA。そんな彼女は人懐っこい笑顔を浮かべながら「一番受けて欲しいのはHARD」だと言い切る。激しいプログラムへ寄せる熱い想いを聞いた。
2019.10.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"K"「いつだって、五感で楽しむプログラムを」
クールなルックスと躍動感溢れるプログラムで、活躍するパフォーマーK.。縦横無尽に動き、踊り、歌い、熱い言葉を投げかける。スタジオ中から熱視線を浴びる、魅惑のプログラムはどう生まれたのか?パフォーマーとしての矜持は?
2019.10.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"REI"「スタジオ内に誰かがいると思えば自分も頑張れる」
個性溢れるファッションとキレのあるパフォーマンスで注目を集めるREI。普段、クールなイメージの彼女だが、じつはその胸の内は誰よりも熱い。そんな彼女の素顔に迫った。
2019.10.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAORI"「笑顔と楽しいという気持ちがエネルギーになる」
「メンバー様と同じ仲間のような気持ちで一緒に動いている」と語り、その人懐っこい笑顔で人気のパフォーマー、KAORI。声を枯らし、スタジオにいる誰よりも動き回る、彼女のプログラムへの想いを聞いた。
2019.10.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MASA"「メンバー様が求めていたフィットネススタジオがb-monsterであるために」
b-monsterと出会った時に思い浮かんだのが、カッコいい、スタイリッシュという言葉だったと語るMASA。メンバー様の憧れとしてステージに立てるよう、努力を惜しまない彼の姿を追った。
2019.09.24
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"jua"「一歩踏み出すことで、できないこともできるように」
デビューしてから約10ヶ月、常に明るくパワフルが印象的なjua。中学の時から培ってきたダンスをプログラムで活用し、メンバー様の笑顔を大切にする彼女の素顔に迫った。
2019.09.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04