CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」

MONSTERS | 2019.05.27
b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。

SATSUKIの「KI」は鬼の「KI」

b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

私のプログラムって「めっちゃキツい」とか「部活みたい」とかよく言われるんです。あと「鬼」とか(笑)。でもそれ、合ってますよ。自分でも本当に鬼だなと思うし、私の本名は平仮名で「さつき」なんですけど、母は「さつき」の「き」を漢字の「鬼」にすればよかったと思ったことがあったらしいので。私、幼児の頃、ずっと寝ないし、泣きっ放しだったんで、母は鬼のような子だと思ったらしいんです。もし本当にそうなってたら、b-monsterのパフォーマー的にはピッタリの名前ですよね。

高校時代のバスケ部が原点

b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

神奈川県横浜市の出身です。スポーツは小学生の頃からスノーボード、ダンス、バスケットボールを並行してやってました。私、とにかく負けず嫌いなんです。だから、どれもくらいつくようにやってました。

特にバスケは高校時代、県下でも有数の強豪校に通ったんですけど、朝は始発で学校に行き、夜ギリギリまで練習。何から何まで相当ハードでした。ランニングなんて4kmを15分以内に走りきるのがノルマ。できなければやり直しみたいな。食事制限もあったし、恋愛も禁止。何度も泣いたし、地獄かと思いましたけど、心も体も強くなれました。

高校卒業後はダンス経験をいかし、ダンサーとして活動する一方、歯科助手として勤務。その後、アパレル会社で3年間勤めたんですけど、身体を動かす仕事に就きたくなって。そこでたまたま見つけたのがb-monsterでした。音楽もクラブも好きだし、楽しそうと思って応募しました。ただ応募の時点でトライアルを受けてなかったんです。運良く面接には通りましたけど、どんなことをするのか実はわかってなくて。研修で初めてプログラムを受けた時はびっくりしましたね。「え!? キツい!」って。でも終わった後、部活時代の達成感を久々に思い出し、やる気を掻き立てられました。

同僚に刺激を受け、熱いパフォーマーに

b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

最初の所属は恵比寿スタジオです。当時の先輩は、MUSICAさん、NANAさん、MARIさん、LEONさん、RIERUさん、SHINさん、Kさん。皆さん、錚々たる方々だし、まだ自分のスタイルが確立してないのもあって、どちらかというとクールにやってました。

変わったのは新宿スタジオに移ってから。SAORIさん、KIMIさんらと一緒になったんですけど、それぞれ「誰よりも動くことが煽り」という方たち。見ているうち、自分も血が騒ぎ、次第に熱くなっていきました。NANAさんとは恵比寿スタジオ時代からずっと一緒なので「入った頃は可愛らしかったのに、いまは全然違う!」なんてよく言われます(笑)。

いまレギュラーで担当しているのはvol.1とvol.2の2本です。vol.1は、全身を鍛えるベーシックなプログラム。難易度は低く、パンチもしっかりと打ち込めるので、初心者の方も楽しめる構成になっています。vol.2は腹筋強化を狙いました。

昨年末から今年頭まで、やはり腹筋をメインに鍛える「THE SIX PACK」プログラムを担当してたんですけど、最近その動きを取り入れリニューアルしました。サンドバッグパートの合間にもダブルクランチやトゥータッチが入っていて、運動強度、難易度ともに高め。b-monsterに慣れて、よりキツいプログラムに挑戦したい方、より追い込みたい方に受けていただきたいです。

厳しい煽りで充実の45分を

b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

プログラム中の煽りや前説などは、言い方がキツいと、取られることもあるんですけど、そこはわかった上で敢えて言わせて頂いています。「できないと思って、最初からやらないのは嫌いです」とか「やるのは自分、やらないのも自分です」とか。やはり大切な時間を割いて、わざわざ来て頂くわけですから、充実した45分間にして欲しくて。

もちろんキツイのはわかるんです。「プッシュアップでは、絶対に膝をつかないでください」と言うものの、私も昔はプッシュアップを一回もできませんでしたからね。それでもくじけずに続けていけば、きっとできると思うんです。私だってできましたから。だから「キツイのはわかるよ。だけどなんとか頑張ってみて!」って。そんな寄り添う気持ちで煽らせて頂いてます。

実は私、以前すごく太っていたことがあるんです。バスケを辞めた後、運動せずに食べてばかりいたら、70kgまで体重が増えちゃって。成人式の頃など毎日、鏡を見て泣いていました。当時、友人などから「痩せたらキレイになりそうだね」と言われたのが悔しくて、ジムに通いまくり、食事制限をして1年間で15kg痩せました。だから痩せたい気持ちはわかるし、なかなか痩せられない時のもどかしい気持ちもわかるんです。私もいっぱい泣いたから。でも最後に結果を出すには、自分の強い気持ちが一番大事なんですよね。

プログラム中の私はすごくキツいと思うんですけど、メンバー様の体だけでなく、気持ちも強くなって欲しいので、その手助けになればと思っています。

休日はアクティブに過ごす

b-monsterインストラクターSATSUKIのインタビュー

休みの日は、山に行ってトレランしたり、ドライブに行ったり、あとショッピングにも行ったりと、アクティブに過ごします。また長い休みがあると海外にひとり旅に出かけます。昨年もアメリカのLAに行って、楽しんできました。時間をとるのはなかなか難しいですけど、今もどこか行けないか計画を練っているところです。ただ寒い季節になると布団にくるまって映画ばかり。冬眠します(笑)。

初めてプログラムを受けたメンバー様や、私をよく知らない方からは意外に思われますけど、私、プログラムでは感極まって泣くこともあります。この間のゴールデンウイークでも泣いてしまって。昨年、担当した「Avicii」プログラムの期間限定復活で、その最終回です。Aviciiが大好きで、自分でも気に入ってるプログラムが終わって寂しいのと、大勢のメンバー様が来てくださったのが嬉しいのと両方が合わさって。中には皆勤賞のメンバー様もいて、胸がいっぱいになりました。実は意外と涙もろいんですよ。怖い人のように思われることもありますけど怖くないです。本当に怒る時は、それこそ鬼のように怖いですが(笑)。

ライター:Tomoki Ohno
音楽制作会社、カルチャー誌での勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターに転職。現在は雑誌やウェブサイトなどで、音楽をはじめエンタメ、スポーツ、飲食などの記事を執筆。b-monsterは、約2年にわたって週3~4日ほど通っている。
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13