CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔 "NATSU" 「ポジティブになってもらえるように」

MONSTERS | 2017.10.03
b-monsterパフォーマーNATSU

小3からダンスを始めて、ずっとヒップホップをやっていた

静岡県の下田生まれ、2歳で東京に引っ越してそれから東京で育ちました。下田にはサーフィンのメジャーなポイントがあるのですが、父は昔からサーフィンが好きで、私も父の影響でサーフィンを始めました。今でも父とは一緒にサーフィンをやります。

小学校3年生でダンスを始めて、中学ではバスケ部、高校はダンス部、大学でもダンスサークルに入っていました。ジャンルはずっとヒップホップです。大学の時は学園祭やイベントなどで踊ったりしていました。

b-monsterは最初お客様としてトライアルを受けてから

b-monsterが2016年6月に銀座でオープンしたのを知り、6月末にお客さんとして普通にトライアルレッスンを受けたのがb-monsterとの出会いです。好きなヒップホップの曲ばかりでかっこいいと思いました。痩せたいと思っていたし、ここでアルバイトできないかと興味本意で面接を受けたのですが、「インストラクターどうですか?」と社長が言ってくださって、それがきっかけでインストラクター(現パフォーマー)になることとなりました。

大学時代に旅したNYのハーレム。黒人文化に興味

b-monsterパフォーマーNATSU

大学時代、ブラックミュージックや黒人文化に興味があって、ニューヨークに旅したことがあります。現地の人でも黒人以外はあまり足を運ばないハーレムという場所で黒人文化資料館などに足を運び、現地の人たちの温かさにも触れてますます黒人文化が好きになりました。私のレッスンでブラックミュージックを取り入れているのは、そういう学生時代の体験もベースにあるからです。

テンポがゆっくりだから、パワーパンチも取り入れる

b-monsterパフォーマーNATSU。テンポがゆっくりだから、パワーパンチも取り入れる

デビュー日は2016年10月21日。大勢の前で話をするのが得意でなかったので、緊張して言葉が飛んでしまわないか心配でなりませんでした。今でこそ大分慣れてきて、お客様の前でも堂々と話せるようになってきましたけど、最初の緊張感は本当に忘れることができません。

ブラックミュージックはテンポがゆっくりなので、パワーパンチを取り入れるようにしています。他のレッスンに比べるとパワーパンチのパートが多いので、それはブラックミュージックならではの魅力だと思います。また、レッスン中の声はできるだけ低い声を出すよう心がけています。高い声はブラックにはミスマッチ。低い声の方がマイクの乗りも良いしお客様が盛り上がる。お客様の反応を見ながらどういうのが盛り上がるかなと工夫しながら進化させてきました。

お客様にはプラス思考になって帰ってもらえたら嬉しい

b-monsterパフォーマーNATSU。b-monsterは最初お客様としてトライアルを受けたことがきっかけ

b-monsterのレッスンをやっていて感じるのは、同じ音楽・同じプログラムでも同じレッスンというのはないということ。受けるメンバーが違うと現場の空気感も違くて、こちらのキューイングや盛り上げ方も変わる。お客様にとっても毎回違う楽しさがあると思うし、そこもb-monsterの魅力の1つ。1つとして同じレッスンがないと言いきることができます。

社長がよく「衣・食・住・b-monster」、b-monsterを生活の一部になってもらいたいと言っているのですが、私もそれは大賛成。一人でトレーニングするだけでは心が折れることがあるかもしれませんが、b-monsterに来れば、ただ疲れただけではなく、嫌なことも忘れられるし、楽しいし、プラス思考な気持ちになる、そんな場所にできるよう頑張りたいです。

人もポジティブな影響を与えられる存在に

b-monsterパフォーマーNATSU。b-monsterは最初お客様としてトライアルを受けたことがきっかけ

b-monsterの中では比較的初期の方に入ったので、立ち上げ時の良さやブランディングを崩さずに、なおかつ、斬新さを取り入れられるようにしたいと思っています。b-monsterのクールなブランドを大事にしながら、人をポジティブにさせるというか、熱い気持ちにさせられる、そんな人間でありたい。そのためにも知識もパフォーマンスもどちらも伸ばしていきたいと思っています。

b-monsterパフォーマーNATSU。人もポジティブな影響を与えられる存在に
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYA"「キツさを楽しめるようになればこっちのもの!」
キレのある動きと元気で大きな声でスタジオ中をリードするSAYA。そんな彼女は人懐っこい笑顔を浮かべながら「一番受けて欲しいのはHARD」だと言い切る。激しいプログラムへ寄せる熱い想いを聞いた。
2019.10.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"K"「いつだって、五感で楽しむプログラムを」
クールなルックスと躍動感溢れるプログラムで、活躍するパフォーマーK.。縦横無尽に動き、踊り、歌い、熱い言葉を投げかける。スタジオ中から熱視線を浴びる、魅惑のプログラムはどう生まれたのか?パフォーマーとしての矜持は?
2019.10.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"REI"「スタジオ内に誰かがいると思えば自分も頑張れる」
個性溢れるファッションとキレのあるパフォーマンスで注目を集めるREI。普段、クールなイメージの彼女だが、じつはその胸の内は誰よりも熱い。そんな彼女の素顔に迫った。
2019.10.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAORI"「笑顔と楽しいという気持ちがエネルギーになる」
「メンバー様と同じ仲間のような気持ちで一緒に動いている」と語り、その人懐っこい笑顔で人気のパフォーマー、KAORI。声を枯らし、スタジオにいる誰よりも動き回る、彼女のプログラムへの想いを聞いた。
2019.10.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MASA"「メンバー様が求めていたフィットネススタジオがb-monsterであるために」
b-monsterと出会った時に思い浮かんだのが、カッコいい、スタイリッシュという言葉だったと語るMASA。メンバー様の憧れとしてステージに立てるよう、努力を惜しまない彼の姿を追った。
2019.09.24
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"jua"「一歩踏み出すことで、できないこともできるように」
デビューしてから約10ヶ月、常に明るくパワフルが印象的なjua。中学の時から培ってきたダンスをプログラムで活用し、メンバー様の笑顔を大切にする彼女の素顔に迫った。
2019.09.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04