CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔 "NANA" <後編> 「本気で言うから人の心に響く」

MONSTERS | 2017.09.24
b-monsterパフォーマーNANA

最初は受付スタッフとして気軽なバイトとして入ったb-monster

b-monsterパフォーマーNANA。最初は受付スタッフとして気軽なバイトとして入ったb-monster

b-monsterには最初は受付スタッフのアルバイトで入りました。ボクシンググローブのTシャツが可愛いから応募したという気軽な理由です。

父がもともとボクシング好きで、魔裟斗が所属するシルバーウルフにも通っていたほど。小さい頃から「ナナ来い!」とかいわれてボクシングの遊びをさせられていたのですが、私はボクシングなんて全然好きではなく、猫パンチで応戦。そんな私をいつも「NANA可愛いなあ」と溺愛してくれる父でした。

そんな父にb-monsterに入ったことを伝えるとはじめ嫌がられました。「なんでそんな危ない仕事するんだ。どうしたんだ」と(笑)。私は見たことないんですが、今やっているTVドラマの「過保護のカホコ」に似ていると言われるんです。うちの家族はTVを見ながら「またナナが出てる」なんて言っているそうです。

初めてレッスンを見た時、その場に自分が立ちたくなった

b-monsterパフォーマーNANA。初めてレッスンを見た時、その場に自分が立ちたくなってしまった

b-monsterのことを知るために、受付スタッフでもレッスンを見る機会があるんです。b-monsterの生のレッスンを見た時に、その迫力とエンターテインメント性に衝撃を受けました。「何だこれは!かっこいい!」と。私がここに立ちたいとすぐ思い「どうしたらあそこに立てますか?」と聞いたら、アルバイトではなく正社員になる必要があると。

所属している芸能事務所にも確認したところ「面白いから武器にしちゃいなよ」ということで、芸能事務所に所属しながら、b-monsterの正社員としてパフォーマーになることになりました。

"NANAらしさ"のあるプログラムを

他のパフォーマーさんのプログラムや動きを参考にしながらも、今までのb-monsterにはない"NANAらしさ"のあるプログラムは何だろう?と考えながらプログラム作りを行ってきました。ダンスっぽい動きを増やしたり、NTC時代の筋トレを絡めたりしています。

プログラム作りの中で、HIROさんには本当にお世話になりました。HIROさんは仕事に関してはとても厳しく、ときには「お前らそれでいいのか」とゲキを飛ばすこともあるのですが、仕事以外の話ではこちらからツッコミができる位の気さくな距離感でコミュニケーションが取れる方です。この距離感で仕事ができるのはb-monsterが初めてなので、働きやすい環境でとても感謝しています。

芸能とb-monsterで世の中で知るきっかけになれば

b-monsterパフォーマーNANA

芸能活動とb-monsterのパフォーマーはうまく両立したいと思っています。私がメディアに出ることでb-monsterのことを知る人が世の中に増えると嬉しいですし、うまく相乗効果を出していきたい。

b-monsterは熱いことを平気で言える風土

b-monsterパフォーマーNANA

初めてお客様の前に立ったデビュー前の試験日、2016年11月某日は忘れることができません。オフにもかかわらず、JOEさん、HARUさんがサプライズで駆けつけてくれました。デビュー日は本当に緊張していたのですが「お前はみんなに合わせる癖があるから、お前がみんなを引っ張っていけ!」と言う熱いアドバイスを頂き、気持ちにスイッチが入りました。

世の中には熱いことを言うことは恥ずかしいと思う人が多いかもしれませんが、b-monsterにはそれは一切ありません。平気で熱いことを言うのがb-monsterの風土。本気で言うから人に響くと思うんですよね。これからもその意識で毎日気合の入ったレッスンをして、お客様を元気づけられたらと思っています。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KIMI"「高いエンタメ度がキツさを楽しさに変える」
ダンス経験を活かした、魅せるパフォーマンスで高く支持されている銀座スタジオ所属のKIMI。人気のvol.3の制作裏話をはじめ、自身のプログラムへの想いから、その日常までを聞いた。
2019.05.07
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"AO" 「笑顔になるメンバー様の姿を見るのが大好き」
多くのメンバー様を笑顔にするために、パフォーマーとしての役目を日々考え続けるAO。そんな努力家AOがb-monsterへの想いを語った。
2019.04.25
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAORI" 「どんなにキツくても笑顔だけは絶対に忘れない」
全力パフォーマンスと溢れる笑顔で、満員のスタジオを沸かす池袋スタジオ所属のパフォーマー、SAORI。そのバイタリティと笑顔の背景には一体、何があるのか。普段、語ることのないその素顔に迫った。
2019.04.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "YUNO" 「栄メンバーと切磋琢磨して最高のスタジオに」
b-monster栄スタジオ オープニングメンバー「YUNO」インタビュー。オープニングメンバーとしても想いをお聞きしました。
2017.12.26