CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔 "NANA" <後編> 「本気で言うから人の心に響く」

MONSTERS | 2017.09.24
b-monsterパフォーマーNANA

最初は受付スタッフとして気軽なバイトとして入ったb-monster

b-monsterパフォーマーNANA。最初は受付スタッフとして気軽なバイトとして入ったb-monster

b-monsterには最初は受付スタッフのアルバイトで入りました。ボクシンググローブのTシャツが可愛いから応募したという気軽な理由です。

父がもともとボクシング好きで、魔裟斗が所属するシルバーウルフにも通っていたほど。小さい頃から「ナナ来い!」とかいわれてボクシングの遊びをさせられていたのですが、私はボクシングなんて全然好きではなく、猫パンチで応戦。そんな私をいつも「NANA可愛いなあ」と溺愛してくれる父でした。

そんな父にb-monsterに入ったことを伝えるとはじめ嫌がられました。「なんでそんな危ない仕事するんだ。どうしたんだ」と(笑)。私は見たことないんですが、今やっているTVドラマの「過保護のカホコ」に似ていると言われるんです。うちの家族はTVを見ながら「またナナが出てる」なんて言っているそうです。

初めてレッスンを見た時、その場に自分が立ちたくなった

b-monsterパフォーマーNANA。初めてレッスンを見た時、その場に自分が立ちたくなってしまった

b-monsterのことを知るために、受付スタッフでもレッスンを見る機会があるんです。b-monsterの生のレッスンを見た時に、その迫力とエンターテインメント性に衝撃を受けました。「何だこれは!かっこいい!」と。私がここに立ちたいとすぐ思い「どうしたらあそこに立てますか?」と聞いたら、アルバイトではなく正社員になる必要があると。

所属している芸能事務所にも確認したところ「面白いから武器にしちゃいなよ」ということで、芸能事務所に所属しながら、b-monsterの正社員としてパフォーマーになることになりました。

"NANAらしさ"のあるプログラムを

他のパフォーマーさんのプログラムや動きを参考にしながらも、今までのb-monsterにはない"NANAらしさ"のあるプログラムは何だろう?と考えながらプログラム作りを行ってきました。ダンスっぽい動きを増やしたり、NTC時代の筋トレを絡めたりしています。

プログラム作りの中で、HIROさんには本当にお世話になりました。HIROさんは仕事に関してはとても厳しく、ときには「お前らそれでいいのか」とゲキを飛ばすこともあるのですが、仕事以外の話ではこちらからツッコミができる位の気さくな距離感でコミュニケーションが取れる方です。この距離感で仕事ができるのはb-monsterが初めてなので、働きやすい環境でとても感謝しています。

芸能とb-monsterで世の中で知るきっかけになれば

b-monsterパフォーマーNANA

芸能活動とb-monsterのパフォーマーはうまく両立したいと思っています。私がメディアに出ることでb-monsterのことを知る人が世の中に増えると嬉しいですし、うまく相乗効果を出していきたい。

b-monsterは熱いことを平気で言える風土

b-monsterパフォーマーNANA

初めてお客様の前に立ったデビュー前の試験日、2016年11月某日は忘れることができません。オフにもかかわらず、JOEさん、HARUさんがサプライズで駆けつけてくれました。デビュー日は本当に緊張していたのですが「お前はみんなに合わせる癖があるから、お前がみんなを引っ張っていけ!」と言う熱いアドバイスを頂き、気持ちにスイッチが入りました。

世の中には熱いことを言うことは恥ずかしいと思う人が多いかもしれませんが、b-monsterにはそれは一切ありません。平気で熱いことを言うのがb-monsterの風土。本気で言うから人に響くと思うんですよね。これからもその意識で毎日気合の入ったレッスンをして、お客様を元気づけられたらと思っています。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KyoTa"「自分の人生を愛せ、自分の愛した人生を歩め」
b-monsterは生きがいといっても過言ではない場所と語る、銀座スタジオのパフォーマーKyoTa。LEONの紹介がきっかけでb-monsterに入社した彼は、クラブDJとしても活躍中。b-monsterにかける熱い情熱を持った彼の想いに迫った。
2020.02.19
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Sarah"「音楽を楽しめたら勝ち!」
キレのあるパフォーマンスと明るいキャラクターのSarah。学生時代はロサンゼルスへダンス留学をして、帰国。b-monsterのプログラムを体験するや、パフォーマーになることを夢みた。果たして何が彼女を動かしたのか。軌跡を聞いた。
2020.02.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Allie"「誰かの存在が、いつも自分の励みになる」
小柄な体ながら、パワフルなパンチと溢れるエネルギーでスタジオ中を沸かせるAllie。大宮スタジオのオープンを機にパフォーマー人生をスタートさせた彼女はそこで一体、何を見つけたのか。その軌跡を辿ってもらった。
2020.02.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAZKI"「限界を超えることが自分の自信になる」
スタジオ中に響きわたる盛大なコール&レスポンスと息をつかせぬアグレッシブなパフォーマンスで、高く支持されるKAZKI。今や現役では国内で一番のベテラン男性パフォーマーとなった彼の転機はいつだったのか。デビュー時から現在までを語ってもらった。
2020.01.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYU"「楽しみながら、激しい運動ができる幸せ」
情熱的なパフォーマンスと細部まで考え抜かれたプログラムで支持されるSAYU。常に高みを目指し、自分に厳しい彼女のその意識の高さは一体、どこから生まれたのか。その原点に迫った。
2020.01.14
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”RIO”「ポジティブになるプログラム」
満面の笑顔を浮かべながら、高らかな声で「エンジョイ!」。途切れることなくスタジオ内を鼓舞し、高い支持を受けるパフォーマーRIO。その底抜けの明るさとパワーの裏側にあるものは一体何か? 熱く語ってもらった!
2019.12.26
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MERU"「メンバー様を全員応援したい」
学生時代から人前に立ち、自分を磨いてきたパフォーマー"MERU"。舞台をb-monsterに変えた1年は、自身にどのような変化をもたらしたのか。銀座スタジオでの試行錯誤の日々を振り返ってもらった。
2019.12.24
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔”NIKA”「自分は絶対に成長できる」
スタジオ内を所狭しと走り回り、元気なパフォーマンスで魅了するNIKA。意外にもデビュー当時の彼女はプログラムに苦しんだとか。彼女を変えたものは何か。これまでを振り返ってもらった。
2019.12.17
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KATE"「心を強くする45分間」
愛らしい表情からは想像のつかないアクティブなパフォーマンスで人気のKATE。自信の持てない彼女は研修時代からパフォーマーになったばかりの頃まで、いつも泣いてばかりいたという。それがどうして今のように明るく、前向き姿に生まれ変われたのか。軌跡を辿った。
2019.12.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LUA"「Live now of the moment 100% 今の一瞬を100%で生きる」
プログラム中、早いビートで軽やかなステップを取り入れることで、まるでダンスをしているかのようなLUA。栄スタジオのオープニングメンバーとしてデビューを果たした彼女の想いに迫った。
2019.12.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KENT”「最高の45分間を熱い気持ちのままに」
見事な筋肉を躍動させ、雄叫びを上げながらスタジオ中を駆け回る。一見クールなその風貌とは裏腹の熱いプログラムで人気の大宮スタジオ・パフォーマーKENT。彼の素顔に迫った。
2019.12.05