CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"MASA"「メンバー様が求めていたフィットネススタジオがb-monsterであるために」

MONSTERS | 2019.09.24
b-monster masa

b-monsterと出会った時に思い浮かんだのが、カッコいい、スタイリッシュという言葉だったと語るMASA。メンバー様の憧れとしてステージに立てるよう、努力を惜しまない彼の姿を追った。

b-monsterとの出会いは、専門学校の研修

b-monster masa

b-monsterとの出会いは、専門学校での研修でしたね。もともとサッカー選手をサポートできるトレーナーを目指して、新潟の専門学校に通っていたんですけど、年に二回の東京研修で、たまたまb-monsterの新宿スタジオでプログラムを受けた事が入社するきっかけでした。パフォーマーのカッコいい姿を見て、ここで働きたいと思い、その約1年後にパフォーマーとしてデビューを果たしたんです。

新卒でb-monsterに入社したんですが、当時は、一対一でコミュニケーションをとることが苦手だったので、面接は言葉のチョイスで苦労したことを覚えています。いまでは、多くのメンバー様と会話をしているので、自然とコミュニケーションをとることが苦手ではなくなりましたね。

エンターテインメントを兼ね備えたフィットネス

b-monster masa

b-monsterはフィットネスだけどエンターテインメント性も兼ね備えた、全く新しいジャンルだったので、その研修が大変でしたね。研修では、声を張る発声練習やフィットネス用のパンチフォームの練習、カウント取り、研修生数人でアドリブのサーキットパートをやったりしていました。凄くキツくて5kgぐらい痩せました(笑)

b-monsterに入社してから印象に残っているできごとは、K-POPのリリースが決まった時ですね。当時は、vol.1のローテンションでどうやって盛り上げるかを悩んでいた時だったので、メンバー様やスタッフ仲間から、「決まって良かったね」といった言葉をかけてくれた時は、本当に嬉しかったですね。いまもvol.1は悩んでいますが、最初にリリースしたプログラムなので、キューイングや動作を飽きさせないよう、常に考えています。パフォーマーとしてプログラムが慣れてきたからといって調子に乗るのではなく、メンバー様のためにやっているものなので、今後も悩んでいくプログラムになります。

いまと繋がる高校時代

b-monster masa

ずっとサッカーをやってきたんですが、高校生の時にフットサルと出会って、県選抜で全国大会に出場できたのが印象に残っています。部活はサッカーをやっていたんですが、フットサルは社会人チームで活動していました。学校が終わってからフットサルをやっていたので、大変だったんですけど、当時はフットサルにのめり込む程、凄く楽しかったですね(笑)

高校は国際高校だったので、英語は話せなくても発音だけは上手くなるようにと英語の先生に教えてもらっていました。その教えがあったからこそ、僕のプログラムではメンバー様が迷子にならないように、聞き取りやすいキューイングを意識しています。

楽しさメインの K-POP3

b-monster masa

vol.1は、ローテンションのサーキットでは、メンバー様は僕のキューイング頼りになります。マウンテンクライマーは合計8回あり、なおかつ1回の動作がすごく長いので、身体も気持ちもキツいプログラムとなっています。

K-POP3は、「Are You Ready?」の煽りが多いと思うんですが、メンバー様が楽しんでいただけるよう、キツさより楽しさメインのプログラム構成となっています。曲に合わせた動きをするんですが、タイミングよく動くのが特徴で、曲を邪魔しないようキューイングのタイミングを考えて盛り上げたりしていますね。vol.1と比べてキツいという特徴は薄いんですが、名残でプッシュアップの系の動作が多いですね。K-POP3は、変形的な動きを入れてテンポよく変わります。Vol.1に+αをした動きがK-POP3になります。

銀座スタジオへの想い

b-monster masa

入社時、最初の1ヶ月間は恵比寿スタジオで研修生として働いていました。最初は大型スタジオでやってみたいと思っていたんですが、銀座スタジオに配属されてからは、スタジオの箱の大きさが丁度よくて、メンバー様との距離が近いかつ、表情や動きをしっかり見ることができるので、いま大型のスタジオに移動となったら大変かもしれません。

普段は一人でブラブラすることが多く、カフェ巡りを趣味にしています。音楽聴きながらカフェで珈琲や紅茶、サンドイッチと共に、のんびり過ごすことが好きです。ある意味、銀座スタジオの空間はカフェと似ているのでb-monsterの中で好きなスタジオです。

メンバー様が求めるフィットネスを目指して

b-monster masa

b-monsterと出会った時に、思い浮かんだのが、カッコいい、スタイリッシュという言葉でした。 パフォーマーとしてのブランドもあるからこそ、メンバー様も続けて通っていただているのだと思っています。お店としてのスタジオはもちろん、パフォーマーやフロントスタッフ含め、メンバー様が求めていたフィットネススタジオがb-monsterだと思います。自分の個性であるマイペースを活かしながら、今後も頑張っていきたいと思います。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SAYA"「キツさを楽しめるようになればこっちのもの!」
キレのある動きと元気で大きな声でスタジオ中をリードするSAYA。そんな彼女は人懐っこい笑顔を浮かべながら「一番受けて欲しいのはHARD」だと言い切る。激しいプログラムへ寄せる熱い想いを聞いた。
2019.10.18
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"K"「いつだって、五感で楽しむプログラムを」
クールなルックスと躍動感溢れるプログラムで、活躍するパフォーマーK.。縦横無尽に動き、踊り、歌い、熱い言葉を投げかける。スタジオ中から熱視線を浴びる、魅惑のプログラムはどう生まれたのか?パフォーマーとしての矜持は?
2019.10.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"REI"「スタジオ内に誰かがいると思えば自分も頑張れる」
個性溢れるファッションとキレのあるパフォーマンスで注目を集めるREI。普段、クールなイメージの彼女だが、じつはその胸の内は誰よりも熱い。そんな彼女の素顔に迫った。
2019.10.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KAORI"「笑顔と楽しいという気持ちがエネルギーになる」
「メンバー様と同じ仲間のような気持ちで一緒に動いている」と語り、その人懐っこい笑顔で人気のパフォーマー、KAORI。声を枯らし、スタジオにいる誰よりも動き回る、彼女のプログラムへの想いを聞いた。
2019.10.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MASA"「メンバー様が求めていたフィットネススタジオがb-monsterであるために」
b-monsterと出会った時に思い浮かんだのが、カッコいい、スタイリッシュという言葉だったと語るMASA。メンバー様の憧れとしてステージに立てるよう、努力を惜しまない彼の姿を追った。
2019.09.24
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"jua"「一歩踏み出すことで、できないこともできるように」
デビューしてから約10ヶ月、常に明るくパワフルが印象的なjua。中学の時から培ってきたダンスをプログラムで活用し、メンバー様の笑顔を大切にする彼女の素顔に迫った。
2019.09.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04