CONNECT WITH B-MONSTER

b-monsterパフォーマーの横顔"AO" 「笑顔になるメンバー様の姿を見るのが大好き」

MONSTERS | 2019.04.25
b-monsterインストラクターAOのインタビュー

多くのメンバー様を笑顔にするために、パフォーマーとしての役目を日々考え続けるAO。そんな努力家AOがb-monsterへの想いを語った。

Vol.4リリースに向けて

b-monsterインストラクターAOのインタビュー

ヘアはプラチナゴールド。ウエアは全身ブラック。クールなヒップホップやEDMにのせ、プログラムごとに違う追い込みをかける人気のAO。入社して3年、現在スタジオにいるとき以外は、新しいプログラムであるVol.4のセットリスト作りに集中しているという。

AO:いま、暇な時間は基本的にYouTube見ているか、ヒップホップの最新プレイリストを聞いているか、コリオを考えているか、パソコンでセットリストを編集しているか…って感じですね。編集は全神経を集中しないとできないので、まわりの音や動きを意識からシャットアウトしちゃう。作業している時はすっごく感じが悪いと思います(笑)。日常的にYouTubeでDJのセットリストの構成や曲のつなぎ方を研究してるんですけど、やっぱりDJで稼ぐ人のセンスは凄いですね。私達パフォーマーはスタジオの中ではDJでもあるわけで、しかもVol.4ともなるとメンバー様の期待値も半端なく高いですから、45分間ノンストップで追い込んで行くには、セットリストの緻密なつなぎが不可欠なんです。

3年前、「あ、ここだ」と気づいた

b-monsterインストラクターAOのインタビュー

スタジオでのAOは、ひと言でいえばナチュラル&クール。絶叫しながらあおったりはしないが、ふと気づくとじーっとサンドバッグを連打するメンバー様に、静かに声をかけていたりする。曲と体の連動性が見事で、誰でもすーっと引きこまれてしまうシームレスな一体感も彼女ならでは。まるでパフォーマーになるために生まれてきたようなAOだが、なんと最初はフロント業務を希望してb-monsterに入社したという。

AO:b-monsterに入社したのは2016年秋頃なので、だいたい3年前くらいですかね。最初はフロント希望だったんですが、たまたまプログラムを受けてみたら、パフォーマーの表現している世界がめちゃくちゃ格好よくて感動したんです。直感的に「これは新しいかも」と思い、すぐに希望職をパフォーマーに変えました。幼稚園の頃は新体操、小学校ではエアロビクスのサークルに入り、中学生になるとジャズ・ヒップホップ…と、ずっと体育会系+ダンスとともに育ってきました。また、大学ではファッション分野にも興味が湧いたので、卒業後はスポーツ用品メーカーやアパレルメーカーのショップで働いていました。仕事自体は楽しく充実していたのですが「いや、これは何か違うな…」といつも頭の中モヤモヤしていました。そんな時に偶然受けたプログラムは、まさに目からウロコでしたね。一瞬で私の立つべき場所は「あ、ここだ!」って気づいたんです。

メンバー様からいただく笑顔が糧

b-monsterインストラクターAOのインタビュー

AOが「私の原点であり、ドスッピンの“私”そのもの」というVol.1は、とにかく選曲も動きもエネルギッシュ。コレオやテンポは決して難しくはないが、繋ぎのよいシームレスな曲のセットリストと相まって、気がつけばみんな、一心不乱に打ち込んでいる。AOの巧みなアジテーションに導かれて、「お疲れさまでした!」の声が響くと、メンバー様の紅潮した顔に、「やりきった」というスキッとした表情が表れる。

AO:それ、私が一番好きな瞬間なんですよ。プログラムが終わった後で『スッキリした!ありがとう』『嫌なこと、全部吹っ飛んだ』って、メンバー様に言ってもらえるとめちゃくちゃ嬉しいですね。もっと最高なのは、最初は『無理、無理!最後までついていけない、きっと!』と言っていた方が、無我夢中となって最後までサンドバッグを打ちきるのを見たときです。ほら、できたじゃないですか!って、思わず駆け寄りたくなります。ほかにも、以前所属していたスタジオのメンバー様がInstagramのコメント欄に「AOさんのトライアル体験会を受けて入会を決めました。今も続いています」と書き込みしてくださっているのを見たときは、本当に嬉しくて涙が出そうになりました。

すべては、後悔しない45分間のために

b-monsterインストラクターAOのインタビュー

AOが一番大事にしているのは、メンバー様全員に「今日のストレスを全部汗で流して、全12曲が終わると同時にスッキリした気分で帰ってもらうこと」。そして、「ちょっとしんどいなあと思ったけど、やっぱり来ちゃった」と笑顔でスタジオに入ってくるメンバー様に、後悔させない45分間を提供すること。

AO:メンバー様全員がひたすら自分に打ち込める環境を作るのが、パフォーマーとしての役目だと思っています。今、Vol.4の曲のセットリストの仕上げに没頭していて、ずーっとパソコンとにらめっこしています(笑)。スタジオまでの通勤時間が1時間ほどあり、そのうち電車に乗っているのが45分ぐらいなんで、曲の時間を計るのにはちょうどいいんですよ。やっぱり作っていて一番の悩みどころは、サンドバッグパートですね。どうアゲていこうかと常に考えています。元気でパワフルなVol.1から、全曲EDMでクール系にシフトチェンジしたVol.2。そしてVol.1とVol.2の集大成のVol.3。現状では、私の世界観を一番に感じてもらえるのはVol.3かなと思っています。私のこだわりとしては、毎年、違う色を出していきたいんです。AOは全部の世界をもってるよねと言ってもらえるのが、いまの大きな理想です。Vol.3を超える完璧なVol.4のリリースを、ぜひ楽しみに待っていてください!

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08