CONNECT WITH B-MONSTER

インストラクターインタビュー「リズムに身をゆだね、非日常を味わうレッスンを」

MONSTERS | 2016.12.20
b-monsterインストラクターHIROのインタビュー

b-monsterのひとつの特徴は、インストラクターそれぞれの個性が際立っていること。ここでは、普段知ることのないインストラクターのb-monsterにかける想いを紐解いていく。

ダンサー、パーソナルトレーナーの経験

―ダンサーの経験について

ずっとストリートダンスをやっていました。高校1年生で事務所に入り、アーティスト活動の他にもバックダンサーや振付、演出、舞台の構成などに携わりました。

いまは、b-monsterの新人研修や、レッスンで使用する音楽作成の指示もしています。曲と曲をつなげたり、効果音を入れたり。お客さまが夢中になっていつの間にか45分間終わっていたと感じていただけるように、曲にも緩急をつけています。

―パーソナルトレーナーのご経験もあると伺いました。

はい、都内のジムで2年ほどパーソナルトレーナーを経験し、お客さまと1対1で加圧トレーニングの指導や、解剖学の知識をお教えしていました。ダンス、舞台の世界は、現役でいられる期間が限られていますし、故障も多い世界です。そんな背景もあって、もっと体について知りたい、自分のため、今後の後輩の育成のためにもなると思って始めました。

パーソナルトレーナーの仕事は、その人に合ったトレーニングを提供して、なりたい体に近づけてあげることです。同じ体の人はいないので、人の数だけ正解があるところにやりがいを感じていました。

フィットネスを超えた感動を

―b-monsterでは新人インストラクターの養成もご担当していらっしゃいますね。

はい。新人研修でいちばん重要視しているのは、その子の個性を汲んで、強みを持たせてあげることです。強みは自信にもつながるし、b-monsterのプログラムの中でインストラクターの個性になるかと思っています。

―新人さんに必ず教えていることはありますか。

お客さまが感動できるものを提供するということです。 感動といっても「あの人かっこいい、ああなりたい」「この音楽いいな」「夢中になって汗をかけた」とか、いろんな感情の動きがあると思います。通常のジムは効果を大事にしますが、b-monsterはフィットネスを超えた感動を届けたいという想いがあります。

そして、「この人のレッスンを受けたい」と思って来ていただいているのだから、自分のレッスンに責任を持ってほしいとも教えています。

僕は事務所時代、踊りながら声を出す方法や舞台に立つ覚悟を教えられてきました。その経験がすべて今に活かされているし、みんなに伝えていきたいと思っています。 そして第2、第3の僕みたいな人が出てきてくれたら理想的だなと思います。

b-monsterのレッスンについて

―HIROさんのレッスンの特徴を教えてください。

レッスンでは、エンターテイメント性を大事にしています。このメニューをただ45分間やるのはつらいので、つらさを楽しさでひっぱっていってあげたい。「気づいたらこんなに汗をかいていた」「こんなにいい体になっていた」というのが理想です。音楽やダンスが好きな方、クラブのような空間を楽しみたい方がリピーターになってくれることが多いです。

―レッスンはダンスの要素もありますか。

いま、ボクシングの合間に34人全員で一体感が出るようなステップを一緒に踏むのも楽しいよねと話していて、そういったものも開発中です。僕やダンス経験のあるインストラクターのレッスンは、そういう楽しみもあります。楽しいステップの中にもちゃんと意味や効果がありますよ。

―b-monsterのレッスンのよさはどんなところですか。

b-monsterのレッスンは、無酸素運動のあとに有酸素運動をしたり、インターバルトレーニングを取り入れたりして、科学的に効率よく脂肪燃焼できるプログラムになっています。インストラクターそれぞれの個性や音楽、クラブのような空間を楽しんで継続していただければ、なりたい体に近づいていけると思います。

PROFILE

INSTRUCTOR HIRO

b-monsterインストラクター初期メンバー。ダンサーの経験を活かし、振付、演出、舞台の構成なども手掛ける。パーソナルトレーナー歴もあり、現在はb-monsterの新たなインストラクター養成も担当。音楽やリズムを楽しみながら非日常感を味わえるレッスンに定評がある。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SOH" 「1回でも多く」「間違えてもいい」の気持ちが大事
190cmの長身に端正なルックス、45分間全力投球のプログラムで人気を集めるパフォーマー"SOH"。デビューから1年半、恵比寿スタジオに立ち続ける彼にb-monsterへの想いを聞いた。
2019.05.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"MARI"「OFFの私は見せたくない。常にONのMARIでいたい」
モデルのようにすらりとした長身。そのしなやかかつストイックな雰囲気が人気でファンの多いMARI。パフォーマーになって3年、「私をきっかけにb-monsterが周知されるよう、自分を磨いていきたい」と語る。
2019.05.08