CONNECT WITH B-MONSTER

【ボクシングNEWS】藤本京太郎選手 東洋太平洋ヘビー級初防衛に成功、次は世界挑戦か!?

MONSTERS | 2017.05.18

b-monster.fitの「業界のMONSTERに訊く vol.4」でインタビューさせていただいたヘビー級プロボクサー 藤本京太郎選手の初防衛戦となる東洋太平洋ヘビー級タイトルマッチが、2017年5月8日(月) 東京の後楽園ホールで行われました。

対戦相手は同級1位でオーストラリア人のヘルマン・パーセル選手。 サモア出身の強敵に9回TKOで勝利して、東洋太平洋ヘビー級チャンピオンとして初防衛に成功しました。

試合は終始京太郎選手が優位に進め、8回終了時点の判定は、2人が77 - 75、1人が78 - 74とリード。そして迎えた9回、パーセル陣営から棄権の申し出がありTKO勝利という結末になりました。

次はWBO世界ヘビー級タイトルマッチへの挑戦も!?

試合後のリング上では、角海老ジム陣営からWBO世界ヘビー級王者ジョセフ・パーカーの次期挑戦者に名乗りを上げるとも宣言! 実は先日5月頭にパーカー陣営からの対戦オファーがあったという。今回のオファーでの対戦は実現しなかったが、角海老ジム陣営としては「年内にやれるのでは」と踏んでいるようだ。

実現すれば、悲願の日本人初のヘビー級世界初挑戦!

ボクシング重量級で世界を舞台に活躍した日本人選手は少ない。記憶に新しいところでは西島 洋介選手がいたが、西島選手はヘビー級よりは1階級軽いクルーザー級。ボクシングのヘビー級と言えば、b-monsterの名前の由来にも関係するモハメド・アリやマイク・タイソンが有名で、ボクシング界だけでなく世界のスポーツ界で最も華々しい舞台でもある。そんなボクシングヘビー級で世界挑戦できた日本人はいない。もし次回、京太郎選手が挑戦できれば、日本人初の歴史的快挙となるのだ。

K-1ヘビー級世界チャンピオンを経て、プロボクサーへ

京太郎選手は、K-1が大人気だった時代にヘビー級世界チャンピオンになっている。K-1時代はあのピーター・アーツや豪腕ジェロム・レバンナにも勝ったことがある。当時から派手な髪型で人気を博したが、その個性はプロボクサーとして活躍する今も健在。

そんな京太郎選手のインタビューはこちらから確認できるので、まだ読んでいない方は是非読んで欲しい。

業界のMONSTERに訊く vol.4 プロボクサー 藤本 京太郎さん(元K-1ヘビー級世界チャンピオン)「個性を出すには覚悟が必要」

  • 京太郎選手の生い立ち
  • K-1時代の話
  • プロボクサーとしての話
など、京太郎自身の言葉で語られています。

b-monsterで初めてボクシングを経験した方も是非、京太郎選手の次の動向や、京太郎選手に限らずボクシング業界の様々なニュースにも目を向けていただければと思います。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LINQ"「限界突破すれば新しい自分が見えてくる」
豊かな表現力と独創性あふれるプログラムで人気のパフォーマーLINQ。スタジオ内を駆け回り、動き、踊り、熱く鼓舞する。華やかで明るいイメージの彼女だが、日々苦悩する時期があったとか。普段は語られない彼女の内面とプログラムへの想いを探った。
2020.06.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TAISEI"「自分に妥協せず、1日の45分間だけ全力を」
爽やかな表情を見せながら、スタジオ内をひたすら駆け回り続ける恵比寿スタジオのパフォーマーTAISEI。彼は学生時代、走り高跳びで日本一という輝かしい実績を持つ。そんな彼がプログラムを受ける上で、大事にして欲しいものとは何か? プログラムへの想いとともに聞いた。
2020.06.16
b-monsterパフォーマーの横顔“CALA”「楽しむポイントを見つけ出すことが目標達成の鍵」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“CALA”「楽しむポイントを見つけ出すことが目標達成の鍵」
クールな面を持ちながらアグレッシブなプログラムで注目のパフォーマー、CALA。研修中に膝を故障し、フロントスタッフとして勤めた後、ようやくパフォーマーへ辿り着いた。彼女はどのように逆境を跳ね返していったのか。胸に抱き続けてきたb-monsterパフォーマーへの想いを熱く語ってもらった。
2020.06.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"ERISA"「自分を追い込めば、結果は目に見えて表れる」
穏やかな笑顔を浮かべながら、スタジオ中を隅々まで駆け回るアクティブなERISA。彼女はメンバーとして2年間、足繁くプログラムに通い、その後にパフォーマーへと転身した。果たして彼女をかき立てたものとは何か。原点を追った。
2020.06.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RR!"「プログラムは新しい自分との出会いの場」
長い髪をなびかせながら、歌い、踊り、そして叫ぶ。長年にわたるダンス経験を生かし、エモーショナルで躍動感のあるパフォーマンスでスタジオを熱狂させるRR! いつも明るく華やかな笑顔とその激しい姿の裏側にあるものとは。彼女の思いを聞いた。
2020.06.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SMINE"「暗闇の空間は自分を変えてくれる」
穏やかな雰囲気と爽やかな笑顔で愛されるSMINE。今年2月にリリースしたオリジナルのK-POPプログラムが好評で勢いに乗る彼女だが、デビュー前はテストで3回失格した落ちこぼれだったとか。そんな悩み苦しんだ日々から現在までを振り返ってもらった。
2020.06.08
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔“KAREN”「誰にも見せていない自分を表現したい」
クールな雰囲気と愛嬌のある笑顔を併せ持つパフォーマー“KAREN”。人気パフォーマーたちを間近で見て、フロントスタッフから転身した彼女はどのような成長を遂げるのか。追い求める理想のパフォーマー像を語ってもらった。
2020.04.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUMI"「『行かなきゃ』でなく、『行きたい』が自分を変える第一歩」
朗らかな表情を浮かべながら、スタジオ内を颯爽と動き、ハードなプログラムを楽しく魅せるYUMI。池袋、梅田スタジオのオープンに関わり、また梅田、栄スタジオで1ヶ月派遣滞在するなど各地で頼りにされる人気者だ。そんな彼女の原点はそしてプログラムへの想いは?
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RINA"「身体と心を同時に鍛えて、理想の自分に」
低く落ち着いた声でキューイングしながら、情熱的にスタジオ内を動き回る青山の人気パフォーマー、RINA。彼女は「賑やかで元気にではなく、クールに盛り上がるプログラムがb-monsterらしい」と語る。彼女のプログラムに込めた心のうちを探った。
2020.04.01
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HOSHI"「殻を打ち破って、一段上の自分へ!」
高いホスピタリティと熱量の高いパフォーマンスで、スタジオを魅了する羽田スタジオの人気パフォーマー、HOSHI。彼の研修時代の課題は表現力。いかに自分を出すかを悩み、そして苦しんだという。そんなパフォーマーになるまでの道のりを振り返り語ってもらった。
2020.03.06
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Becky"「時には根性と気合が大事!」
明るく爽やかにフロントに立つ姿とは裏腹に、パワフルなパフォーマンスを見せるBecky。特に随所に見せる執拗な煽りは、時に「鬼のよう」と呼ばれるほど激しい。そんな情熱的なプログラムの背景にあるものは何か? 彼女の真意に迫った。
2020.03.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"Luana"「自分から楽しむことで、結果はついてくる」
明るく元気なプログラムで人気のLuanaは、音楽情報番組「music monster」出身のパフォーマー。華やかなその姿とは裏腹に、研修当時は一番の落ちこぼれで毎日泣いていたと本人は語る。パフォーマーとしての想いとともに当時を振り返ってもらった。
2020.02.26