CONNECT WITH B-MONSTER

業界のMONSTERに訊く vol.1 お風呂のソムリエ松永 武さん

MONSTERS | 2017.01.01
シリーズ「業界のMONSTERに訊く」
ある分野を追求する専門家・経営者の話を訊き、プロになるまでの過程、想いを掘り下げる。ときに険しい道も乗り越え、さらなる挑戦を目指す姿を追う。

Vol.1松永 武さん(バスリエ株式会社 )

「業界のMONSTERに訊く」vol.1は、バスリエ株式会社 代表取締役の松永武さん。
「お風呂のソムリエ」「バスグッズを50,000点試したバスグッズマニア」として、各メディアでもお風呂の魅力を伝えている松永武さん。運営するバスグッズ専門のECサイトは、楽天SHOP内でもトップクラスの売上規模を誇ります。

遅く帰った日やトレーニング後こそ、ぜひシャワーだけでなく湯船に浸かってリフレッシュしてほしいと語るのは、バスグッズ専門のネットショップを運営する松永武さん。

最近ではテレビのバラエティー番組(「マツコの知らない世界」、「櫻井・有吉THE夜会」、「ヒルナンデス」等)でも、「お風呂のソムリエ」「バスグッズを50,000点試したバスグッズマニア」としてお風呂の魅力を伝えています。

松永さんがバスグッズ専門店を立ち上げたきっかけや今後のビジョン、また、b-monster会員の方におすすめのバスグッズもお伺いしました。

バスグッズ専門店立ち上げのきっかけは、奥さんが用意してくれたお風呂

―松永さんは「Bathlier-お風呂のソムリエ」というサイトを運営していらっしゃいますが、このサイトはどんなサイトですか。

約3万点の品揃えがあるお風呂グッズ専門のインターネットショップです。
グッズ販売はもちろん、効果的な入浴法やその日の体調に合わせたお風呂を、ソムリエのように選んでご紹介しています。

―なぜ「お風呂のソムリエ」というショップを始めようと思ったのでしょうか?

以前、低反発枕を販売する会社に勤めていたとき、練馬の家から千葉県の我孫子市にある会社へ通っていたため、睡眠時間はいつも3時間くらいでした。

当時まだ交際中だった妻が、あるとき「安眠を売る仕事をしているのに自分が寝ていないのはどうなの」と言って、入浴剤を買ってお風呂を用意してくれたんです。「このくらいの温度で半身浴して、じんわり汗をかくくらい浸かってから寝てみなよ」とアドバイスもしてくれて。

その翌朝、睡眠時間は短いのに、疲れがとれて、とてもスッキリしていたんです。お風呂は睡眠の質をあげてくれるとそのときに気づきました。バスグッズの会社を立ち上げたきっかけも、この体験があったからです。

会社名も、あのとき妻がやってくれたことって「お風呂のソムリエ」みたいだなと思って「お風呂のソムリエ=バスリエ」という名前にしました。

最初は苦労の連続。初受注のうれしさは今でも忘れられません

―バスグッズ専門でも成功できると確信していらっしゃいましたか。

自信なんてなかったですよ。オープン当初は売上がない状態が数ヶ月続いてしまい、仕入れをする資金もなくて。メーカーさんに受注後に仕入れさせてもらえるよう交渉したりして、苦労の連続でした。だからこそ初受注のときのうれしさは今でも忘れられません。

―どのように事業を軌道に乗せたのでしょうか。

当時はホームページ制作、商品仕入、受発注など、全ての業務を自宅のパソコン1台でやっていました。そのときにホームページ制作やSEOについて猛勉強したんです。お客様がどうすれば買ってくれるのかという視点でホームページを改善していくうちに、徐々に売上が上がっていきました。

その後、自社SHOPに加えて、楽天モールに出店したことを転機に売上が増加し、今では商品数も従業員も増えて、月商数千万円のECサイトになりました。

―約3万点と、扱う商品も多いですよね。

全てではないですが、扱う商品はできるだけメーカーの方に直接会って、商品にかける想いをお聞きしています。想いやストーリーを感じる商品は、多くの人に届けたいという熱意が湧いてきます。

商品写真はほぼ自社スタジオで撮影

「Bathlier-お風呂のソムリエ」自社スタジオ

―サイト内の商品写真は、スタッフさんが撮影しているとお聞きしました。

はい。自社スタジオにはバスタブもあり、お風呂グッズに関する写真はほとんど対応できます。商品の良さを分かっているスタッフが撮影するのは、バスリエの1つのこだわりであり、強みになっていると思います。

今後市場を広げるために、まずは意識改革を

―最近は「+BATHLIER(プラスバスリエ)」というサービスもスタートしていますね。

いままでは、私たち店側が「お風呂のソムリエ」として商品やお風呂を楽しむサービスを提供していましたが、「+BATHLIER」では「お風呂のソムリエ」自体を増やしたいと思っています。さまざまな職業に「お風呂」をプラスするサービスです。

例えば、「ドクター+BATHLIER」。お医者さんが「のどからくる風邪ならお風呂のときにユーカリオイルをたいて、何度のお湯に何分くらい入る」と提案できたら、付加価値が高まりますよね。

「+BATHLIER」では、そのための入浴知識を学ぶ「バスリエ資格」をつくったり、目的に応じた入浴剤のブランドを立ち上げたり、富山のカフェとコラボしてお店を展開したりして、お風呂のよさに気づいてもらう取り組みを総合的に行っています。

―「+BATHLIER」のサービスを始めた理由を教えて下さい。

例えば、先日「+BATHLIER」で、目的に合った入浴剤を自分で作るワークショップをしたとき、参加者のお子さんが、入浴剤を入れたグラスにミニカーを飾っていたんです。そうやって自分が大好きなものをプラスすることで、「これを使ってお風呂に入りたい!」と思うきっかけになったと思います。

ミニカーを飾った入浴剤

そんなふうに、積極的にお風呂に入りたくなる意識改革をもっと多くの方にしたいと思って、このサービスを始めました。

そうした意識改革や、お風呂に入る意味、文化を広める活動が、お風呂のソムリエとしての社会的意義でもあるし、市場を広げることにもつながると確信しています。

お風呂のソムリエから、b-monster会員の方へのアドバイス

―ハードな運動をするb-monsterの会員の方に向けて、運動後におすすめの入浴方法を教えて下さい。

お風呂は体を温めるだけでなく、冷やすこともできます。アスリートはスポーツ後のコンディショニングにお風呂を使いますが、激しく筋肉を使って熱を持っている場合は、アイシングのように冷たいシャワーを活用するのもいいです。

また、筋肉は動かすことで鍛えられますが、血管までは鍛えられません。「冷やす」と「温める」を状況に応じてうまく利用すれば、血管の収縮を促す「血管の免疫トレーニング」にもなりますよ。

―b-monsterへは仕事の前後に通う方が多いのですが、時間帯によって入浴法も違いますか。

仕事前のレッスンなら、交感神経を高める熱めのシャワーを短く。これでシャキッと戦闘モードになります。家に帰って寝るなら、ぜひ帰宅後にぬるめの湯船に浸かってリラックスしてほしいです。お風呂で深部体温を上げておけば、あとは自然に下がっていくので眠りやすくなります。

―b-monsterのスタジオでも使えるグッズなどはありますか。

バスローブ「スプレンディー」

スプレンディーというバスローブは、レッスン後のシャワーのときにおすすめです。
バスローブというと優雅なイメージを持たれる方が多いですが、とても機能的でもあるんですよ。

和紙みたいに薄くて軽い素材で、鞄に入れてもかさばらないので、持ち運びもラク。
フードがついているから髪もふけるし、ドライヤーやメイクをしている間にバスローブ自体がすぐ乾きます。

2009年のG8サミットの際、イタリアを代表するギフトとして各国の首脳に贈られたこともあり、カラーバリエーションもあってオシャレです。UVカット率99%で、パイル地のタオルのように砂がからむ心配もないので、マリンスポーツに持っていくのにもいいですよ。

バスローブ「スプレンディー」

「Bath Cocktail(バスカクテル)」の入浴剤

「Bath Cocktail」は、バスリエが立ち上げた入浴剤ブランドです。目的に応じたお風呂レシピをもとに、カクテルのように「BASE(入浴剤)」、「FLAVOR(香り)」、「DECORATION(ハーブ)」を、体調や悩みに合わせてミックスして、入浴剤を作るところから楽しめます。

「Bath Cocktail(バスカクテル)」について
「Bath Cocktail(バスカクテル)」購入サイト

運動や食事と同様、「湯船に浸かること」もライフスタイルの一部に

―b-monsterの会員の方に向けて、なにかメッセージはありますか。

トレーニングのときに「今ここの筋肉を使っている」と意識すると効果が高まるように、お風呂も「何のために入るか」意識していただくと、健康や美に対してさらにベストな状態を目指せると思います。ぜひ、運動や食事と同じように、湯船に浸かる習慣をライフスタイルの一部にしてほしいです。


編集後記

終始いきいきとお話して下さった松永さんですが、新しいサービス「+BATHLIER」のことを語る口調は熱く、お風呂の魅力や文化を広めたいという想いを強く感じました。

b-monster会員の方におすすめのバスグッズのひとつは、「バスローブ」。タオル地の一般的なものを想像して、ジムに持っていくにはかさばるのでは?と思いましたが、鞄に入れても邪魔にならない軽さで、着ている間に乾くとのこと。ロッカールームで使うのにぴったりで、さすがだと感じました。

PROFILE

松永 武

バスリエ株式会社 代表取締役。バスグッズ専門のECサイトを運営し、楽天SHOP内でもトップクラスの売上規模を誇る。同時に、「お風呂のソムリエ」として、お風呂の魅力や文化を広める活動も積極的に行い、テレビのバラエティー番組にも多数出演している。2017年より「+BATHLIER(プラスバスリエ)」サービスを開始。

下記「プロフィール詳細へ」では、「+BATHLIER(プラスバスリエ)」やおすすめのバスグッズの詳細もご覧いただけます。

記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"HIROKO"『身体のボキャブラリーを増やせば運動はもっと楽しくなる』
2016年、b-monsterのスターティングメンバーとしてキャリアをスタートし、他の追随を許さないオリジナリティ溢れるパフォーマンスで人気のHIROKO。彼女に自身を振り返ってもらうとともに、プログラムへの思い入れを語ってもらった。
2019.08.02
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"KANA"「グループレッスンで最高の達成感を」
いつも明るい笑顔と力みなぎるパフォーマンスで、人気者のKANA。彼女はキャリアをスタートさせた頃、大号泣したことがあったと語る。果たしてそれは? 9月に銀座から梅田への移動を決定し、新天地を目指す彼女の胸の内に迫った。
2019.07.23
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"miiya"「理学療法士の知識をもとにパフォーマーへ」
病院で2年間、理学療法士として働いた後、b-monsterのパフォーマーとして活躍するmiiy。知識を活用したプログラムでメンバー様の身体の動きを常に考えるmiiyaの素顔に迫った。
2019.07.10
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RAICA"「ナチュラルに、そしてヘルシーに」
健康的な小麦色の肌がチャームポイント。キレのあるパフォーマンスと朗らかな笑顔で人気のRAICA。実は内気だった自分を変えたくてパフォーマーを目指したという彼女はどのようにして新しい自分を見つけていったのか。デビュー時からの軌跡を辿ってもらった。
2019.07.09
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RIERU"「憧れの体型は45分のワークアウトで維持できる」
モデル顔負けのスタイルにクールなパフォーマンスで多くの人を惹きつけるRIERU。「入社時の特別なエピソードがない」と不安をこぼした彼女の転機はいつ訪れたのか。デビュー当時から現在までを振り返ってもらった。
2019.07.05
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"YUUHI"「メンバー様を元気にすることが存在意義」
自身を「ひねくれもの」と形容するパフォーマーYUUHI。破天荒さと緻密さを兼ね備えたプログラムは、どんな想いでつくられたのか。新宿スタジオで多くのリピーターを生み出すYUUHIに原体験を語ってもらった。
2019.07.04
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"NALU"「人生を変えるプログラム」
日々の食生活からトレーニングまで、妥協を許さず常に体を鍛え続けるNALU。パフォーマーになるまでの道のりやb-monsterへの想いだけでなく、学生時代のエピソード、趣味などの普段見せないNALUの一面に迫った。
2019.06.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SATSUKI"「結果を出すには、強い気持ちが一番大事」
スタジオ内を縦横無尽に駆け回るアクティブなパフォーマンスと、心を突き動かす情熱的な煽(あお)りで人気のパフォーマーSATSUKI。自ら「鬼だと思う」と語るほど、激しい彼女のプログラムには、一体、どんな想いが込められているのか。その胸の内を聞いた。
2019.05.27
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"RoKi"「最年長でいちばんデキの悪い新人だった」
「新宿スタジオの大箱をHARDで満員にしたい」。遅咲きのパフォーマーRoKiの夢は、デビュー当時からの愚直な努力によって叶えられた。いまや名物となりつつあるプログラムはどのような進化を遂げるのか。胸に秘めた想いを聞いた。
2019.05.22
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"SHIN" 「理性で楽しむのではなく、本能で」
鋼鉄の扉が閉まると、暗闇の中からラウドなサウンドが地響きをあげ、プログラムの幕を開ける…。すべてロック曲だけによる「ROCK」ほか、パワフルなパフォーマンスが圧倒的な人気を誇るSHIN。彼のバックグラウンドから、理想のプログラムまでを聞いた。
2019.05.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"TOMO"「格闘技経験者だからこそ、伝えられることがある」
鍛えられた肉体と穏やかな人柄のギャップで愛されるパフォーマーTOMO。「華やかなパフォーマーにはなれない」と語る彼は、どのように自分のスタイルを確立したのか。少年時代ルーツからデビュー時の苦悩、自身のプログラムに込めた想いを聞いた。
2019.05.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔"LEON"「音楽の力で、ハードなワークアウトに大きな感動を」
DJとしてのキャリアを活かし、まるでクラブにいるようなエンタメ空間をプログラムで作り上げる、恵比寿スタジオ所属のパフォーマーLEON。彼の音楽を通じたb-monsterへの想いとは?
2019.05.13