CONNECT WITH B-MONSTER

業界のMONSTERに訊く vol.5 石尾 潤さん(NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事)「努力の先にあるものを伝えたい」

MONSTERS | 2017.09.20
NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事 石尾 潤さんインタビュー
vol.5 石尾 潤さん(NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事)
高校時代は、國學院久我山高校サッカー部で全国高校サッカー選手権ベスト8。同年一般受験で早稲田大学教育学部に現役合格。
2016年4月に荒川区を拠点にNPO法人スポーツカントリーアンビスタを設立し、代表理事に就任。
2017年6月に大人も子どもも生涯にわたる『文武両道』を実現する新型施設、アンビスタハウスを開設。
NPO法人スポーツカントリーアンビスタ 代表理事。
FC HERMANA U-15監督、FC LIGAR スクールマスター、Academia Ambista 代表。
ライフイズテック株式会社採用チーム、株式会社JTB公認ファシリテーター。

ビジネスも運動も人一倍努力しているb-monster会員さんも多いことだろう。

厳しいトレーニングを続けるb-monster会員さんにも共通するテーマである「努力」。今回はボクシングやフィットネスとは少し違った切り口から「努力」をテーマとした取材を行った。

取材にご協力頂いたのは荒川区で生涯にわたる文武両道の実現を志した「NPO法人スポーツカントリーアンビスタ」を運営している石尾潤さん。石尾さんの取材を通じて「努力の先にあるもの」を探ってみたいと思う。

無名チームから強豪チームのレギュラー、そして全国ベスト8へ

石尾さん。國學院久我山高校サッカー部で全国高校サッカー選手権ベスト8

石尾さんは無名チームから部員が150人いる強豪サッカー部に入部。底辺からスタートしながら圧倒的な努力のもと、高校3年時にレギュラーとして活躍し、全国高校サッカー選手権でベスト8に進出。その同級生には現在Jリーグ「FC東京」で活躍する田邊草民選手もいる。

あれ以上、1ミリたりとも頑張れない、というほど努力した

國學院久我山高校はラグビー、野球、サッカーなどスポーツの強豪でありながら、都内でも有数の進学校。文武両道を求められる。石尾さんはなんと親を心配させないために、親が寝静まった後、内緒で家を出て朝5時までサッカーの自主練をする毎日だったという。最初5軍スタートだった石尾さんは、スポーツ推薦で入ってきた選手達の中でレギュラーを取るために「あれ以上、1ミリたりとも頑張れない、というほど努力した」

すごい選手をたくさん見る中で早い段階でプロになるのは諦めた石尾さんは高校サッカーで日本一を目指しながら、受験で日本一の大学にいくことを目指す。第1志望の大学には受からなかったが、塾も行かず現役で早稲田大学教育学部に入学する。

大学経営のキャリアを積み、文武両道のスポーツクラブ「アンビスタ」を立ち上げ

「プロになれなかったけど、それを本気で目指していたプロセスで大切な宝物をたくさん手に入れることができた。それを次世代の子どもたちに伝えていく仕事がしたい」そんな想いで、NPO法人スポーツカントリーアンビスタを立ち上げた。アンビスタでは男女サッカーの他、文武両道支援特化型アカデミーも運営する。それらに共通する指導方針は「自分なりの答えを作り出し、行動を起こしていく力やマインド」だという。

『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』女子サッカーチーム「FC HERMANA」監督就任

なでしこJAPANの影響でメジャーになりつつある女子サッカーだが、地域の環境はまだまだ課題が多いという。

女子だけでサッカーをやれる環境が少ない

小学生では男女混合チームでやれているが、学年が上がるに連れて次第に男子のパワーなどに圧倒されてしまう。中学年代に入ると男子と女子が一緒にサッカーをすることは肉体的にも精神的にもほぼ不可能。サッカーを愛する少女たちは居場所を失い、サッカーへの情熱を押し殺すしかない、そんな状況を改善しようと石尾さんはボランティアコーチとして携わっていた女子サッカーチームFC HERMANAをNPO法人化し、監督に就任する。

『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』女子サッカーチーム「FC HERMANA」の監督に就任する

はじめのうちは少ない人数でしたが、現在はリーグ戦にFC HERMANAとして2チーム出場できるまでとなりました。中学1年生の代は10名以上入ってきてくれて、街の女子サッカーチームとしてはかなり大所帯のチームといえます。女子サッカーチームの活動は、場所・資金などいろいろと足りない点もあるため、クラウドファウンディングで活動方針を発信しながら活動資金を集めたりしています。

練習量は裏切らない。ポジティブマインドの戦える集団に

「FC HERMANA」の練習はとてもハードで長時間に及ぶ。メンバーはJリーグJrユースのセレクションに落ちた選手から、初心者に近い選手まで。どんなレベルの選手も受け入れ、どの選手にも同様に厳しく愛を持って指導するのが石尾さんの方針。

どの選手にも同様に厳しく愛を持って指導するのが石尾の方針
「FC HERMANA」の練習はとてもハードで長時間に及ぶ

今年のFC HERMANAはJリーグJrユースとも互角以上に戦う快進撃を続けている。練習量は裏切らない。苦しくても自主的でポジティブマインドを持つ選手たち。試合ごとに成長する子供たちの姿に石尾さん自身も驚いているという。

「FC HERMANA」の練習はとてもハードで長時間に及ぶ

ハードなトレーニングの中でもグランドには笑顔が溢れている。

ハードなトレーニングの中でもグランドには笑顔が溢れている

例えプロになれなくても、打ち込むことには意味がある

ー石尾さんが子供達に伝えたいこと

石尾さんが子供達に伝えたいこと

FC HERMANAにはJ下部組織など強豪クラブのようなセレクションはなく、入りたい人は誰でも受け入れているが、このクラブに来てからメキメキ力をつける子が多い。相手より走るスピードが1秒遅くても、相手より1秒早く判断する、そういったことを鍛える超育成型組織を目指している。自分やチームのために努力して、上手くなる。今努力して頑張れば、大人になってサッカーをやめても絶対に活きるし素敵な大人になれると思う。ポジティブなマインドで周囲の人を笑顔にできる魅力的な女性、温かくて柔らかく、それでいて大切な人を「守る強さ」を備えた女性になって欲しいし、もし子どもができたらそういう子育てする素敵なママになって欲しい。

「勉強」と「スポーツ」両方本気で取り組む。自分で考え、行動を起こす力を伸ばす

教科書の勉強は教えない塾

教科書の勉強は教えないアカデミーも運営

スポーツカントリーアンビスタでは、男女サッカー、ヨガ、チアダンスに加え、『Academia Ambista(アカデミア アンビスタ)』という文武両道支援特化型アカデミーも運営している。そこではなんと教科書の勉強は教えていないと言う。

教科書の勉強は教えないアカデミーも運営

このアカデミーの特徴は、
1. スポーツを教えずにスポーツ技能を高めること
2. 教科教育をせずに定期テストの点数を上げること

教室にはいろんな世界で活躍している元スポーツマンの大人(社会人/大学生)たちがやってくる。学ぶ意味と、スポーツに取り組む価値を、大人側の視点から中学生時点に逆算して、『翻訳』。 その講話やグループワークを通じて中学生は、自分なりの意味づけ(=目標設定)を毎週言語化する。 それを1週間かけて取り組む行動レベルまで落とし込み、なにかを決めたら、実践する。 そして翌週、振り返り、また考える。 そういったプロセスを経て「高い自己肯定感を持ち、物事をポジティブに捉えて、自らを変える努力をすることができる」状態を目指すという。

自分で好きと言える「ジブン」になるために

編集後記「#自分と向き合え」

「FC HERMANA」の練習はとてもハードだが笑顔で溢れていた。真剣な眼差しでボールを追う選手たちが輝いていて、いつしか時間を忘れカメラを向けていた。クタクタになるまで努力できる日々は素晴らしい。そこには達成感があるし、自らの進化という新しい未来がある。他人との競争ではなく、自分で好きと言える「ジブン」になるために、目標に向けて自分と向き合い努力する。b-monster会員であれば体重や体脂肪率でもいいし、トレーニングの先にある肉体美でもいい。今努力して一生懸命やることに意味なんか求めなくて良いのかもしれない。ファイトできる場があるなら、そこで精一杯頑張ってみよう。

FC HERMANA 編集後記「#自分と向き合え」
FC HERMANA 編集後記「#自分と向き合え」
FC HERMANA 編集後記「#自分と向き合え」
FC HERMANA 編集後記「#自分と向き合え」
FC HERMANAの選手たち
FC HERMANAの選手たち
FC HERMANAの選手たち
FC HERMANAの選手たち
今回取材協力して頂いた団体様
NPO法人スポーツカントリーアンビスタ
FC HERMANA

アンビスタではビジョン達成に向けた運営資金獲得のため、クラウドファウンディングにも挑戦しています。
ReadyFor「人を繋ぎ、地域を繋ぎ、生命を繋ぐ。荒川区で新たな地域スポーツコミュニティを運営!」

b-monster.fitの取材に協力頂いた石尾さんの想いや活動内容に共感いただける方はぜひシェアして応援いただけますと幸いです。
記事が気に入ったらSNSでシェア

RECOMMEND

b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NATSU" 「ポジティブになってもらえるように」
blackを担当するNATSUならではのブラックミュージックの魅力やレッスンの工夫についても話してもらいました。
2017.10.03
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "KAIYA" 「常にその時の100%を」
元々MIYAVIのバックダンサーだったKAIYA。ダンスで学んだこと、b-monsterで心がけていることについて話を聞きました。
2017.09.28
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NANA" <後編> 「本気で言うから人の心に響く」
芸能界で生きてきたNANAとb-monsterとの出会いはアルバイト。そこからパフォーマーデビューに至るまでの話を聞きました。
2017.09.24
業界のMONSTERに訊く vol.5 石尾 潤さん(NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事)「努力の先にあるものを伝えたい」
MONSTERS
業界のMONSTERに訊く vol.5 石尾 潤さん(NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事)「努力の先にあるものを伝えたい」
荒川区で生涯にわたる文武両道の実現を志した「NPO法人スポーツカントリーアンビスタ」を運営している石尾潤さん。石尾さんの取材を通じて「努力の先にあるもの」を探ってみます。
2017.09.20
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "NANA" <前編> 子役・ダンス・演劇。表現の世界に関わってきた学生時代
NANAには子役、ダンス、芝居、幼稚園の先生と面白い経歴が多い。前編では、NANAがb-monsterに入る前までのお話を紹介する。
2017.08.15
b-monsterパフォーマーの横顔
MONSTERS
b-monsterパフォーマーの横顔 "TATSUMI" 「伝えることの難しさ」の先に
レッスンでは見れないパフォーマーの人間性に迫る新企画。第1弾は2017年3月からプログラムチーム配属となったTATSUMIです。
2017.07.30
b-monsterメンバーの群像 vol.8 倉田 沙友里様。「ソン活はエンターテイメント要素が詰まった最高の空間」
MONSTERS
b-monsterメンバーの群像 vol.8 倉田 沙友里様。「ソン活はエンターテイメント要素が詰まった最高の空間」
b-monsterに通う会員の中で密かに話題になっている"ソン活"をご存知でしょうか?今回はソン活の魅力を会員様にお伺いしてみました。
2017.07.06
【ボクシングNEWS】藤本京太郎選手 東洋太平洋ヘビー級初防衛に成功、次は世界挑戦か!?
MONSTERS
【ボクシングNEWS】藤本京太郎選手 東洋太平洋ヘビー級初防衛に成功、次は世界挑戦か!?
2017年5月8日。後楽園ホールで行われたヘビー級Wタイトルマッチで藤本京太郎選手が勝利しました。
2017.05.18
MEETUP b-monster vol2. ベンチャー企業社長による体験レポート in 恵比寿スタジオ
MONSTERS
MEETUP b-monster vol2. ベンチャー企業社長による体験レポート in 恵比寿スタジオ
2017年4月にオープンしたb-monster恵比寿スタジオ。今回体験していただいたのは、アクトインディ株式会社 代表取締役 下元 敬道様
2017.05.16
b-monsterメンバーの群像 vol.7 フリーランス美容師 山上志麻様「NYのフィットネスジムよりもb-monsterの方がきつい」
MONSTERS
b-monsterメンバーの群像 vol.7 フリーランス美容師 山上志麻様「NYのフィットネスジムよりもb-monsterの方がきつい」
フリーランス美容師 山上志麻さんにNYのフィットネスとb-monsterの違いなどをお伺いしました。
2017.04.23
業界のMONSTERに訊く vol.4 プロボクサー 藤本 京太郎さん(元K-1ヘビー級世界チャンピオン)「個性を出すには覚悟が必要」
MONSTERS
業界のMONSTERに訊く vol.4 プロボクサー 藤本 京太郎さん(元K-1ヘビー級世界チャンピオン)「個性を出すには覚悟が必要」
奇抜なヘアースタイルで活躍するプロボクサー藤本 京太郎さんに生い立ちから今に至るまでのお話をお聞きしました。
2017.04.22
b-monsterメンバーの群像 vol.6 PBJグループ 戸川 慶亮様「半年で22kg減量、体脂肪率も14%減に成功しました」
MONSTERS
b-monsterメンバーの群像 vol.6 PBJグループ 戸川 慶亮様「半年で22kg減量、体脂肪率も14%減に成功しました」
b-monsterの広報・プレスリリース・広告の仕事も担当する「株式会社PBJ グループ」代表取締役 戸川さんにお話を伺いました。
2017.04.21